ホーム > 研究業績 > 2014年度

研究業績(2014年度)

受賞

菊地利明

日本呼吸器学会 第48回熊谷賞 受賞 2014年4月

業績題名「呼吸器疾患の宿主免疫応答の解析:感染症とアレルギーのクロストーク」

英文(原著論文)

  • Kikuchi T, Kobashi Y, Hirano T, Tode N, Santoso A, Tamada T, Fujimura S, Mitsuhashi Y, Honda Y, Nukiwa T, Kaku M, Watanabe A and Ichinose M. Mycobacterium avium genotype is associated with the therapeutic response to lung infection. Clin Microbiol Infect 20(3):256-262, 2014.
  • Kohno S, Tateda K, Kadota J, Fujita J, Niki Y, Watanabe A and Nagashima M:Contradiction between in vitro and clinical outcome:Intravenous followed by oral azithromycin therapy demonstrated clinical efficacy in macrolide-resistant pneumococcal pneumonia. J Infect Chemothr 20(3):199-207, 2014.
  • Takeuchi T, Yamamoto K, Yamanaka H, Ishiguro M, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N, and Koike T:Early response to certolizumab pegol predicts long-term outcomes in patients with active rheumatoid arthritis:results from the Japanese studies. Mod Rheumatol 20:1-10, 2014.
  • Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Iwai K, Sakamaki Y, D van der Heijde, Miyasaka N and Koike T. Efficacy and safety of certolizumab pegol without methotrexate co-administration in Japanese patients with active rheumatoid arthritis:The HIKARI randomised, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol 24(4):552-560, 2014.
  • Naito T, Matsuda N, Tanei M, Watanabe Y and Watanabe A:Relationship between public subsidies and vaccination rates with the 23-valent pneumococcal vaccine in elderly persons, including the influence of the free vaccination campaign after the great East Japan earthquake. J Infect Chemother 20(7):450-453, 2014.
  • Yamamoto Y, Ohmichi M, Watanabe A, Niki Y, Aoki N, Kawai S, Chida K, Mikasa K, Seki M, Ishida T, Kadota J, Matsuse A, Fujita J and Kohno S. A study on the management of acute respiratory tract infection in adults. Jpn J Antibiotics 67(4):223-232, 2014.
  • Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Sakamaki Y, van der Heijde D, Miyasaka N and Koike T. Efficacy and safety of certolizumab pegol plus methotrexate in Japanese rheumatoid arthritis patients with an inadequate response to methotrexate:the J-RAPID randomized, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol 24(5):715-724, 2014.
  • Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N and Koike T:Long-term efficacy and safety of certolizumab pegol in Japanese rheumatoid arthritis patients who could not receive methotrexate:52-week results from an open-label extension of HIKARI study. Mod Rheumatol 24(5):725-733, 2014.
  • Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N and Koike T:Long-term efficacy and safety of certolizumab pegol in Japanese rheumatoid arthritis patients with an inadequate response to methotrexate:52-week results from an open-label extension of J-RAPID study. Mod Rheumatol 24(5):734-743, 2014.
  • Izumikawa K, Watanabe A, Miyashita N, Ishida T and Kohno S:Efficacy and safety of garenoxacin tablets on clinically diagnosed atypical pneumonia:postmarketing surveillance in Japan. J Infect Chemother 20(9):541-548, 2014.
  • Izumikawa K, Watanabe A, Miyashita N, Ishida T and Kohno S:Efficacy and safety of garenoxacin tablets on bacterial pneumonia:postmarketing surveillance in Japan. J Infect Chemother 20(9):549-557, 2014.
  • Fujimura S, NakanoY, Watanabe A. A correlation between reduced susceptibilities to vancomycin and daptomycin among the MRSA isolates selected in mutant selection window of both vancomycin and daptomycin. J Infect Chemother 20(12):752-756, 2014.
  • Watanabe A, Yates PJ, Murayama M, Soutome T and Furukawa H:Evaluation of safety and efficacy of intravenous zanamivir in the treatment of hospitalized Japanese patients with influenza:an open-label, single arm study. Antiviral Ther (Epub a head print 2014)

邦文(原著論文)

  • 三鴨廣繁、藤村 茂、渡辺晋一:チゲサイクリン適正使用のための手引き.日本化学療法学会雑誌62:311-366, 2014.

著書・総説等

  • 渡辺 彰:肺炎球菌感染症.今日の治療指針 2014年版.医学書院,東京,2014年1月1日発行, pp.229-230.
  • 渡辺 彰:序章 成人における予防接種がなぜ重要か?.そこが知りたい!成人の予防接種パーフェクトガイド,診断と治療社, 東京,2014年1月30日発行, pp.2-7.
  • 渡辺 彰:第一章 内科医に必要な予防接種のポイント,2.成人用肺炎球菌ワクチン.そこが知りたい!成人の予防接種パーフェクトガイド,診断と治療社,東京,2014年1月30日発行, pp.15-20.
  • 渡辺 彰:第5章 感染症,8.リケッチア感染症.わかりやすい内科学第4版,文光堂,東京,2014年2月4日発行, pp.422-423.
  • 渡辺 彰:第5章 感染症,9.Q熱.わかりやすい内科学第4版,文光堂,東京,2014年2月4日発行, pp.423-424.
  • 渡辺 彰:第5章 感染症,10.マイコプラズマ感染症.わかりやすい内科学第4版,文光堂,東京,2014年2月4日発行, pp.424-425.
  • 渡辺 彰:第5章 感染症,11.クラミジア感染症.わかりやすい内科学第4版,文光堂,東京,2014年2月4日発行, pp.425-426.
  • 渡辺 彰:「抗酸菌感染症 a.結核」生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き,日本呼吸器学会,東京,2014年2月28日発行, pp.49-58.
  • 渡辺 彰:Ⅸ.関節リウマチの合併症,治療薬による有害事象,感染症.日本臨牀増刊号「最新関節リウマチ学)寛解・治癒を目指した研究と最新治療」.日本臨牀社,大阪,2014年4月20日発行, pp.640-644.
  • 渡辺 彰:Ⅴ 結核の治療,1 治療の原則(治療の進め方).結核ハンドブック,アトムス,東京,2014年6月2日発行, pp.85-86.
  • 渡辺 彰:Ⅴ 結核の治療,2 化学療法.結核ハンドブック,アトムス,東京,2014年6月2日発行, pp.86-90.
  • 藤村 茂:Ⅴ 結核の治療,B.抗結核薬の種類と投与法 結核ハンドブック,アトムス,東京,2014年6月2日発行, pp.90-102.
  • 藤村 茂:VII 結核の管理・疫学 3.院内感染対策 結核ハンドブック,アトムス,東京,2014年6月2日発行, pp.181-188.
  • 渡辺 彰:Ⅸ 結核の将来の展望,2 化学療法.結核ハンドブック,アトムス,東京,2014年6月2日発行, pp.207-212.
  • 渡辺 彰:序にかえて、改訂の意義と「新型インフルエンザ」について.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015,医薬ジャーナル社,大阪,2014年9月20日発行, pp.3-5.
  • 渡辺 彰:2 インフルエンザの予防対策、1.ラニナミビルによるインフルエンザ予防指針.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015,医薬ジャーナル社,大阪,2014年9月20日発行, pp.38-42.
  • 渡辺 彰:3 日常診療でよくある疑問、2.インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時接種は安全である.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015,医薬ジャーナル社,大阪,2014年9月20日発行, pp.50-54.
  • 渡辺 彰:補足、海外のインフルエンザ診療事情~海外ではどのように診ているのか?.プライマリケアのためのインフルエンザ診療 2014-2015,医薬ジャーナル社,大阪,2014年9月20日発行, pp.55-58.
  • 渡辺 彰:Ⅲ章、E 抗酸菌症.結核.感染症診療update [日本医師会雑誌 143(S2)特別号(2)[生涯教育シリーズ87],日本医師会,東京,2014年10月15日発行, pp.S330-S333.
  • 渡辺 彰:Chap.3 予防・治療,D 高齢者施設における予防投与-病院の場合と比較して.インフルエンザ診療ガイド2014-15,日本医事新報社,東京,2014年10月20日発行, pp.97-105.
  • 渡辺 彰:Chap 6, インフルエンザ治療薬.インフルエンザ診療ガイド2014-15,日本医事新報社,東京,2014年10月20日発行, pp.121-133.
  • 藤村 茂:臨床現場におけるPK-PDパラメータの捉えられ方-現状の問題点とこれからの方向性 感染と抗菌薬 ヴァンメディカルVol.17 No4, 2014年12月10日発行, pp.297-303.
  • 渡辺 彰:Influenza Q & A, 医療従事者への抗インフルエンザ薬予防投与について、投与開始のタイミングや服用期間はどのようにすればよろしいですか.インフルエンザ15(1):32, 2014.
  • 池松秀之、喜田 宏、渡辺 彰:これからのインフルエンザ診療-H1N1pdm09およびH7N9ウイルスの出現を経験して-.Current Therapy 32(1):82-91, 2014.
  • 渡辺 彰:6.感染症・結核、鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染症の現状と対策~高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)と比較しながら~.分子呼吸器病 18(1):63-65, 2014.
  • 渡辺 彰:23価肺炎球菌ワクチン再接種における時間経過の必要性.日本医事新報 No.4693:65-64, 2014.
  • 渡辺 彰、井上幸恵、大野孝順:成人肺炎球菌感染症に対する13価肺炎球菌結合型ワクチンの費用効果分析.呼吸器内科 25(4):387-396, 2014.
  • 門田淳一、徳田 均、渡辺 彰:関節リウマチ治療の呼吸器合併症における連携のポイント,呼吸器合併症の診断・治療における現状と課題 RAについての共通認識の形成が連携推進の第一歩.Rapport No.5:5-11, 2014.
  • 渡辺 彰:Influenza誰が耐性菌を作ったか?日本は耐性菌が多いのか?.學士會会報 N0.906(2014-Ⅲ):71-75, 2014.
  • 渡辺 彰:結核医療の現状と将来展望~採算の合う結核医療へ!~.宮城県医師会報 No.820:326-329, 2014.
  • 三木 誠、渡辺 彰:第1章 呼吸器、市中肺炎.内科113(6):993-996, 2014.
  • 渡辺 彰:7. 医療従事者のインフルエンザ感染予防と曝露後の対処.化学療法の領域 30(7):1401-1408, 2014.
  • 渡辺 彰、岩田 敏、石田 直、丸山貴也:高齢者肺炎に対する取り組みの在り方.日本医師会雑誌 143(5):KH-1~KH-8, 2014.
  • 渡辺 彰:Ⅳ.呼吸器感染症の治療と予防,6.呼吸器ウイルス感染症の予防と治療―インフルエンザを中心に―.日本胸部臨床 73:S206-S213, 2014.
  • 河野 茂、渡辺 彰:高齢者の肺炎予防~整理しましょう 疾患、制度とその予防~.Medical Tribune 47(36):26-27, 2014.
  • 渡辺 彰、田代隆良、迎 寛、朝野和典、菊地利明、掛屋 弘:生物学的製剤と感染症対策―その制御に向けての現状と今後の展望―.感染症道場 3(3):51-62, 2014.
  • 渡辺 彰:特集『インフルエンザ』,抗インフルエンザウイルス薬の使い分け.耳鼻咽喉科・頭頸部外科 86(11):916-923, 2014.
  • 渡辺 彰:今、肺炎球菌対策がなぜ重要か?. INFECTION NOW No.9:2-4, 2014.
  • 渡辺 彰:特集『耳鼻咽喉科とウイルス』,抗インフルエンザ薬.JOHNS 30(11):1557-1560, 2014.
  • 渡辺 彰:シリーズ「結核」~第1回~、日本と宮城県の結核は順調に減っている!?.宮城県医師会報 No.826:874, 2014.
  • 賀来満夫、渡辺 彰:シリーズ「結核」第1回、日本と宮城県の結核は順調に減っている!?.宮城県医師会報 No.826:874, 2014.
  • 三木 誠、渡辺 彰:Ⅱ-2、院内で発症する肺炎、薬剤耐性菌による肺炎.レジデント7(11):45-52, 2014.
  • 渡辺 彰:シリーズ「結核」~第2回~、順調に減っている結核の医療がなぜ、混迷しているのか?.宮城県医師会報 No.827:942, 2014.
  • 渡辺 彰:新型インフルエンザは本当に来るのか?.日本医事新報No.4278(2014-12-06):45-48, 2014.
  • 渡辺 彰:序論:日本発の抗菌薬は感染症治療をどう導いてきたか―その使い方を含めて世界的な役割を振り返る―.感染と抗菌薬 17(4):365-370, 2014.
  • 渡辺 彰:肺炎診療の新時代~肺炎球菌ワクチンの重要性と定期接種化の概要を中心に~、釜石医師会報 No.315:7-8, 2014.

学会および各種研究会(2014年度)

国際学会発表

  • Fujimura S, Takahashi H, Shoji M, Ubukata S, Utagawa M, Kikuchi T, Nakano Y, Watanabe A. Evaluation of causative pathogens of pneumonia that increased as a result of the 2011 tsunami disaster in Japan. 24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases. 10-13 May. 2014, Barcelona
  • Nakano Y, Fujimura S, Sato T, Yoshino D, Watanabe A. Anti-bacterial effect of the plasma discharge against biofilm-producing Pseudomonas aeruginosa. 24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases. 10-13 May. 2014, Barcelona
  • Yamamoto K, Yamanaka H, Tanaka Y, Takeuchi T, Miyasaka N, Koike T, Origasa H, Eguchi K, Watanabe A, Ishiguro N, Atsumi T, Shane P, Onodera S, Shoji T, Kobayashi M:Better clinical responses seen early with the loading dose of certolizumab pegol are maintained until one yaer. EULAR 2014, Paris
  • Yamamoto K, Yamanaka H, Tanaka Y, Takeuchi T, Miyasaka N, Koike T, Origasa H, Eguchi K, Watanabe A, Ishiguro N, Atsumi T, Shane P, Onodera S, Shoji T, Kobayashi M:The first early pheumatoid arthritis, certolizumab pegol, multicenter, double-blind, randomized, parallel-group study:C-OPERA, in patients fulfilling the 2010ACR/EULAR classification critera, demonstrates inhibition of joint damage progression. EULAR 2014, Paris
  • Nakano Y, Fujimura S, Sato T, Yoshino D, Watanabe A.Sterilization Mechanism of Plasma Discharge against Biofilm-producing Pseudomonas aeruginosa on Contact Lenses.11th International Conference on Flow Dynamics. 8-10 Oct. 2014, Sendai
  • Atsumi T, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Togo O, Okada T, Heijde D, Miyasaka N & Koike T. The first, multicenter, double-blind, randomized, parallel-group study of certolizumab pegol in early rheumatoid arthritis, demonstrates inhibition of joint damage progression. ACR 2014(submitted) 14-19 Nov. 2014, Boston
  • Yamanaka H, Yamamoto K, Takeuchi T, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Togo O, Miyasaka N & Koike T. Sustainable efficacy and safety of certolizumab pegol over 4 years in Japanese patients with rheumatoid arthritis. ACR 2014. 14-19 Nov. 2014, Boston

国内学会発表

  • 大野孝順、井上幸恵、渡辺 彰:成人肺炎球菌感染症に対する13価肺炎球菌結合型ワクチンの費用効果分析.第54回日本呼吸器学会・学術講演会・PP266. 大阪,2014.4.25(大阪国際会議場)
  • 高橋 洋、神宮大輔、矢島剛洋、生方 智、庄司 淳、五十嵐孝之、渡辺 洋、渡辺 彰:成人RSV肺炎・気管支炎症例の診断状況と臨床像.第54回日本呼吸器学会・学術講演会・PP870. 大阪,2014.4.27(大阪国際会議場)
  • 藤村 茂:抗菌薬適正使用のためのPK-PD理論.第4回日本病院薬剤師会 東北ブロック学術大会 シンポジウム5. 仙台,2014.5.31-6.1(仙台国際センター)
  • 藤村 茂、中野禎久、渡辺 彰:各種臨床分離株に対するチゲサイクリンの薬剤感受性. 第62回日本化学療法学会・第88回日本感染症学会総会. 福岡,2014.6.18-20(ヒルトン福岡シーホーク)
  • 中居 肇、藤村 茂、中村一成、渡辺 彰:メタロ‐β‐ラクタマーゼ産生Pseudomonas aeruginosa にTAZ/PIPCとAMKの併用療法が著効した症例.第62回日本化学療法学会・第88回日本感染症学会総会. 福岡,2014.6.18-20(ヒルトン福岡シーホーク)
  • 内藤俊夫、渡辺由希子、種井実佳、松田直人、渡辺 彰:高齢者における23価肺炎球菌ワクチン接種率と公費助成の関係―東北大震災後の無償接種運動の影響も含めて―.第88回日本感染症学会学術講演会・第62回日本化学療法学会総会・合同学会・O2-093. 福岡,2014.6.19(ヒルトン福岡シーホーク)
  • 藤村 茂:抗MRSA薬の挑戦-整形外科領域のbiofilm感染への応用.第28回Bacterial Adherence & Biofilm 学術大会 特別講演. 東京,2014.7.9(都市センターホテル)
  • 藤村 茂:薬剤耐性菌感染症のアウトブレイク-MRSA感染症、CRE感染症.第6回 J感染制御ネットワークフォーラム シンポジウム. 仙台,2014.8.23(仙台国際センター)
  • 藤村 茂:外来で診る感染症と抗感染症薬の使い方.第47回日本薬剤師学術大会 特別講演. 山形,2014.10.12(山形国際ホテル)
  • 宮崎泰可、高園貴弘、中村茂樹、泉川公一、掛屋 弘、山本善裕、栁原克紀、石田 直、進藤有一郎、長谷川好規、渡辺 彰、二木芳人、朝野和典、舘田一博、西村正治、河野 茂:MRSA肺炎診断・治療の実態調査.第62回日本化学療法学会西日本支部総会・第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会・合同学会一般演題No.119. 岡山,2014.10.24(岡山コンベンションセンター)
  • 藤村 茂:PK-PD理論を駆使した抗菌薬適正使用.第61回日本化学療法学会・第63回日本感染症学会東日本合同学会 Meet the Expert. 東京,2014.10.29-30(東京ドームホテル)
  • 早川幸子、小林隆夫、藤村 茂:当院におけるAntimicrobial Stewardship Team (AST)ラウンドの実施報告.第61回日本化学療法学会東日本支部総会. 東京,2014.10.29-30(東京ドームホテル)
  • 藤村 茂:タミフル耐性インフルエンザ.第5回耐性菌シンポジウム. 東京, 2014.12.20(東京国際フォーラム)