加齢医学研究所スマート・エイジング国際共同研究センターは、東北大学エンタテインメント&スマート・エイジングプラットフォームの研究活動の一環として、米国AARPと共催で、Colloquium on Brain Fitness and Smart Agingを開催いたします

ゲームやテレビ、映画といったエンタテインメントは、現代社会において、心豊かな生活のために必要欠くべからざるものです。テレビは、ほぼ全ての家庭にあり毎日のように視聴されており、またテレビゲームも日本人の4人に一人が家庭で日常的に行っているとされています。これらのエンタテインメントは、人間の脳と心に直接働きかけるものであり、ライフスタイルに影響を与えることもある、きわめて強力なインタフェースであるが、それらが人間に与える影響は科学的にはほとんど解明されていません。本会議では、エンタテインメントが心身に与える影響を科学的に解析・評価を行った最新の研究成果を発表すると共に、人が加齢による経年変化に賢く対処し、個人・社会が知的に進化するために、エンタテインメントとどう関わるべきか、もしくは、そのようなスマート・エイジング社会を構築するためにエンタテインメントはどうあるべきかを米国内研究者との討議により検討します。

 

【日時】 201092913:00~16:00

【場所】 University of Central Florida, Orlando, FL

【テーマ】エンタテインメントがスマート・エイジングに及ぼす影響

【プログラムと講演内容】

(1) Entertainment and Human Brain Function by Dr. Ryuta KAWASHIMA, Smart Ageing International Research Center, IDAC, Tohoku University

i. Improvement of cognitive functions by reading, writing and arithmetic in elders

ii. Changes of brain structures and improvement of performance of sport activity by working memory trainings

iii. Evidences of transfer effects on cognitive functions by playing the Nintendo DS brain training in elders

(2) Entertainment and Biofeedback by Dr. Shinichiro KANOH, Tohoku University School of Engineering, IDAC, Tohoku University

i. Biofeedback to improve mental and physical properties of the subjects.

ii. Changes of cortical activities during motor imagery of the limbs by neurofeedback training using EEG and NIRS, to improve the accuracy of command detection on BCI system.

iii. Effects on mental stress reduction by playing "biofeedback games" using portable NIRS meter.

(3) Entertainment and virtual reality by Dr. Makoto Yoshizawa, Cyberscience Center, Tohoku University

i. Test and rehabilitation systems for brain diseases in virtual environment

ii. Emotional feedback to cyberspaces as well as entertainment machines

iii. Multimodal interface for virtual trip to prevent dementia by using life review and co-imagination enhancing episodic memory function, segmentation of attention, planning function