私達の研究室で開発された遺伝子改変マウスなどの紹介

Last updated: 11/08/2021

これらのマウスは現在,当研究室および業者委託で受精卵保存と分与の準備を進めています。至急に必要な方は高井研究室までご相談ください。2011年12月現在,いくつかの系統については(株)オリエンタルバイオサービスにて頒布を開始しています。お問い合わせはこちらです。

 FcgRIIB-/- in C57BL/6 (B6)
岡山大学で作製されたFcgRIIB-/-を東北大学で12世代以上B6に戻し交配したもの.自然発症の腎炎と自己抗体を産生する.オリエンタルバイオサービスから入手可能です。

Yajima K, Nakamura A, Sugahara A, Takai T.
FcgRIIB deficiency with Fas mutation is sufficient for the development of systemic autoimmune disease.
Eur. J. Immunol. 33: 1020-1029 (2003) これが私たちのもどし交配による成果。自己免疫疾患の発症がFas変異とともに起こります。

 FcgRIIB-/- in BALB/c
FcgRIIB-/-を約8世代BALB/cに戻し交配したもので,戻し交配はRavetch研(あるいはTACONICか?)で行われた.
 Bolland S, Ravetch JV. Spontaneous autoimmune disease in Fc(gamma)RIIB-deficient mice results from strain-specific epistasis. Immunity. 2000 13(2):277-85.

 FcgRIIB-/- in 129/SvJ (129)/B6
もともとの,岡山大学で作製された129/B6ハイブリッドバックグラウンドで,アレルギー,自己免疫などに感受性大.
 Takai T, Ono M, Hikida M, Ohmori H, Ravetch JV. Augmented humoral and anaphylactic responses in Fc gamma RII-deficient mice. Nature 379(6563):346-349 (1996).
 Nakamura A, Yuasa T, Ujike A, Ono M, Nukiwa T, Ravetch JV, Takai T. Fcgamma receptor IIB-deficient mice develop Goodpasture's syndrome upon immunization with type IV collagen: a novel murine model for autoimmune glomerular basement membrane disease. J Exp Med. 191(5):899-906 (2000).
 Ujike A, Ishikawa Y, Ono M, Yuasa T, Yoshino T, Fukumoto M, Ravetch JV, Takai T. Modulation of immunoglobulin (Ig)E-mediated systemic anaphylaxis by low-affinity Fc receptors for IgG. J Exp Med. 1999 May 17;189(10):1573-9.
 Yuasa T, Kubo S, Yoshino T, Ujike A, Matsumura K, Ono M, Ravetch JV, Takai T. Deletion of fcgamma receptor IIB renders H-2(b) mice susceptible to collagen-induced arthritis. J Exp Med. 1999 Jan 4;189(1):187-94.

 FcgRIII-/- in B6
 岡山大学,東北大学で作製され,オリエンタルで行われた戻し交配.作製自体では論文作成していないが,IgG誘導性即時型アレルギーを発症しない.
 Ujike A, Ishikawa Y, Ono M, Yuasa T, Yoshino T, Fukumoto M, Ravetch JV, Takai T. Modulation of immunoglobulin (Ig)E-mediated systemic anaphylaxis by low-affinity Fc receptors for IgG. J Exp Med. 189(10):1573-1579 (1999).
 Samuelsson A, Towers TL, Ravetch JV. Anti-inflammatory activity of IVIG mediated through the inhibitory Fc receptor. Science 291:484-486 (2001).

 Lyn-/-/FcgRIIB-/-
抑制性FcRを欠損状態でLynの機能を検証する目的に有用.Lyn-/-は九大生医研・渡邊研究室で作製されたもの.
 Yuasa, T., Ono, M., Watanabe, T., and Takai, T. (2001) Lyn is essential for Fcg receptor III-mediated systemic anaphylaxis but not for the Arthus reaction. J. Exp. Med. 193: 563-572.

 FcgRIIB/III-/- in 129/B6
 私達のFcgRIIB-/-とオランダVerbeek研のFcgRIII-/-を交配して2重欠損にしたもの.低親和性FcgRをもたないため,FcgRIのみの機能を調べるのに有用

FcRg-/- in B6 
  Ravetch 研で作製したFcRg-/-のB6バックグラウンド.

 FcgRIIB-/- in DBA/1
 従来のDBA/1よりも早期に高い発症率でコラーゲン誘導関節炎を発症する.
 FcRg-/- in DBA/1
 上記と逆に全く関節炎を発症しないDBA/1マウス
 いずれもNakamura et al. 論文準備中.

 DAP12-/- on B6 background
マイルドな骨過形成と視床中心性のオリゴデンドロサイト発達不全が観察されるマウスで,ヒトの劣性遺伝病であるNasu-Hakola病のモデルとして,また破骨細胞の分化機構の解析に有用.

 NK細胞株(SVNK)
SV40 large Tトランスジェニックマウス(B6)から単離され,不死化したもので,ADCC活性,NK活性を保持している.

 CRESTシンポジウム記念総説
2000年に仙台市で行われたCRESTシンポジウムの記念出版で,免疫制御レセプターの専門家たちの総説がご覧になれます.