HOME > 研究業績 > 2009年- 日本語論文

2009年- 日本語論文

氏名 タイトル
大類孝、海老原覚、海老原孝枝、荒井啓行 特集T 老年症候群に対する薬物療法 誤嚥性肺炎 薬剤による誤嚥性肺炎の予防法 モダン フィジシャン Vol.29 No.1 40-43
荒井啓行、佐藤琢磨 脳血管性認知症 神経疾患最新の治療2009-2011 119-122
海老原覚 特集 高齢者におけるCOPD「高齢者COPDにおける呼吸機能検査」Geriatric Medicine  Vol.47 No.2 155-158
大類孝、海老原覚、海老原孝枝、浅村孝昭、宇根かおり、矢満田慎介、吉田元樹、山ア都、浅田成紀、高橋秀徳、荒井啓行 誤嚥性肺炎予防の新戦略 呼吸 第28巻3号 250-254
大類孝、荒井啓行 特集 脳のアンチエイジングとRASの関連を探る「認知症におけるRAS関与の可能性の探る」 Journal of Angiotensin Research Vol.6 No.2 38-42
海老原覚 研究成果報告 M-CSFと心筋虚血障害再生医療 マクロファジフォーラム Vol.16 No.2  307-310
大類孝、山ア都、海老原覚、海老原孝枝、矢満田慎介、浅田成紀、荒井啓行 特集 高齢者の終末期をめぐる諸問題「高齢者在宅介護における緊急課題」 Geriatric Medicine  Vol.47 No.4 501-504
海老原覚 特集 転倒危険者の早期発見から予防まで-最新のエビデンスから-「転倒のバイオメカニクスとそれに基づく予防アパラタスの開発」Geriatric Medicine  Vol.47 No.6 755-758
海老原孝枝 嗅覚刺激で誤嚥を防ぐ 食生活  Vol.1 103 No.9 26-32
大類孝、山ア都、何梅、海老原覚、海老原孝枝、浅田成紀、矢満田慎介、浅村孝昭、宇根かおり、吉田元樹、小坂陽一、古川勝敏、荒井啓行 第50回日本老年医学会学術集会記録「老年医学からのアプローチ―在宅ケアにおける現状と問題点」 日本老年医学会 Vol.46 No.4  July 306-308
荒井啓行、大類孝、海老原孝枝 連載 先端認知症研究・医療施設の現在 Cognitionand Dementia Vol.8 No.3 76-79
大類孝 高齢者感染症の特徴と抗菌薬の使い方 最新抗菌薬療法マニュアル 97-100
大類孝、小坂陽一 パネルディスカッション「高齢者終末期における栄養を取り巻く諸問題」 第26回日本老年医学会/第51回日本老年医学会 Medical Tribune 20
大類孝 インフルエンザに合併する肺炎では抗菌薬はどう使うの? 抗菌薬のかしこい使い方 200-206
大類孝、海老原覚 高齢者にみられる主要症候-その特徴から診断まで- 「呼吸困難」 高齢者診療マニュアル(日本医師会雑誌) 第138巻 特別号 78-79
大類孝 老年症候群の治療薬と薬剤起因性老年症候群「誤嚥性肺炎」 月刊レジデント Vol.2 No.12
   50-55