HOME > 研究業績 > 2010年- 日本語論文

2010年- 日本語論文

氏名 タイトル
荒井啓行 アルツハイマー病の診断と治療開発「アルツハイマー病の発症前診断とMCI」 臨床神経学 第49巻 第11号 837-840
荒井啓行、岡村信行、藁谷正明、古川勝敏、谷内一彦、工藤幸司 総説 アルツハイマー病の病態とバイオマーカー開発 日薬理志 135 3-7
荒井啓行 脳血管障害の合併症(誤嚥性肺炎を中心に) 今日の治療指針 728-730
大類孝 〜脳移行性ACE阻害薬〜 ADの発症、認知機能低下を抑制 Medical Tribune Vol.43 No.2 13
古川勝敏、荒井啓行 特集 疫学と病態4 CKDと認知機能 治療学 vol.44 No.3 25-28
大類孝 座談会 高齢者高血圧治療の注意点 日本薬事新報 No.4486 C1-C6
荒井啓行、古川勝敏、冨田尚希 特集:老年医学の新たな展開 認知症研究の進歩とJ-ADNI Geriatric Medicine Vol.48 No.1 29-32
大類孝、海老原孝枝、山ア都 肺炎の予防と治療をめぐって「誤嚥性肺炎を防止するために」 呼吸器感染症最新知見AtoZ 2010増刊号 100-106
海老原孝枝 島皮質と嚥下運動 Clinical Neuroscience Vol.28 No.4 404-405
大類孝 肺炎球菌ワクチン接種の重要性 INFECTION FRONT Vol.19 p29
荒井啓行 診療科紹介「老年科紹介」 東北大学地域医療連携センター通信 第17号 p2
荒井啓行 座談会 認知症治療をめぐる最近の話題 MEDICO Vol.8 14-27
荒井啓行 アミロイドβ蛋白凝集抑制作業を有するアルツハイマー病予防薬の開発 脳の病態解明(特定領域研究研究成果報告書)H16〜H21年度 50-51
荒井啓行 第51回日本老年医学会学術集会記録 パネルディスカッションT 老年医学教育:わが国における問題点と展望 「医学教育モデル・コアカリキュラムと老年医学教育」 日本老年医学会 Vol.47 No.4 285-287
小坂陽一 第52回日本老年医学会〜経管栄養管理〜 ガイドライン策定の必要性を指摘 Medical Tribune Vol.43 No.34
古川勝敏、荒井啓行 特集 認知症の最新トピックス「世界規模のAlzheimer病研究組織アメリカADNIの進捗状況」 最新精神医学 15巻5号 485-490
古川勝敏、荒井啓行 認知症の患者さんの血管障害のリスクの管理の仕方は? Jmedmook NO.10 2-4
大類孝 肺炎 新「名医」の最新治療法2011 110-113
荒井啓行、古川勝敏、冨田尚希 CKDと認知機能障害 最新医学 65巻3月増刊号 37-43
古川勝敏、荒井啓行 特集 CKDと認知機能 治療学 Vol.44 No.3 25-28
荒井啓行、大類孝 「東北大学病院 老年科」 医者がすすめる専門病院 東北版 470
大類孝、海老原孝枝、荒井啓行 特集 感染症:診断と治療の進歩「高齢者肺炎・誤嚥性肺炎」 88-93
古川勝敏、荒井啓行 認知症の患者さんの血管障害のリスクの管理の仕方は? jmed 11 141-143
荒井啓行、山ア都、古川勝敏、冨田尚希 特集 日本における伝統医薬による認知症の予防と治療 日中医学 Vol.25 No.3 19-22
大類孝 第52回日本老年医学会学術集会記録 パネルディスカッション 高齢者誤嚥性肺炎の現状と対策 日本老年医学会 Vol.47