HOME > 研究業績 > 2012年- 日本語論文

2012年- 日本語論文

氏名 タイトル
荒井 啓行 健康プラザ「早めに対処したい」認知症と物忘れ 企画:日本医師会 No.363号 平成24年5月5日
荒井啓行 「アミロイドPETを活用した新しい認知症医療」宮城県医師会報 796;332、2012
冨田尚希、荒井啓行 「高血圧」生活習慣病と認知症〜負の連鎖を断ち切るために〜Medicinal 2012;9:27-35
荒井啓行 アルツハイマー病バイオマーカー開発と治療戦略 日本未病システム学会雑誌18:89−93, 2012
荒井啓行、冨田尚希 「認知症クリニカル・カンファランス」 老年科医の立場から Cognition Dementia Vol.11 No.1 66-71
荒井啓行 アルツハイマー型認知症の診断と治療-老年医学の視点から 日本医事新報 NO.4579 60-63
冲永壯治 特集:最前線拠点病院での高齢者医療:物資、人員、搬送、基準、診断・治療における問題点 日本老年医学会雑誌 Vol.49 NO.2 153-158
荒井啓行 アルツハイマー病予防のための探索的バイオマーカー開発研究 東北大学研究シーズ集2012 10-11
荒井啓行、井原康夫 アルツハイマー病-MCIとpreclinical ADをめぐって- カレントテラピー2012 Vol.30 No.4 76-84
荒井啓行 BPSDの治療薬 おはよう21 5月号 22-23
荒井啓行 抑肝散のエビデンスーBPSDに対する効果ー 漢方医学 Vol.36 No.2 113-120
橋本康弘、菊池一郎、宮嶋雅一、新井一、古川勝敏、荒井啓行、松本由香、齋藤清、城谷圭朗 認知症診断におけるマルチモーダルアプローチー認知症の髄液糖鎖マーカー Cognition and Dementia Vol.11 No.2 35-40
荒井啓行、岡村信行 4th Conference Clinical Trials on Alzheimer’s disease Cognition and Dementia Vol.11 No.2 54-55
荒井啓行 アルツハイマー病を背景にした軽度認知障害の診断ー米国国立老化研究所/アルツハイマー病協会合同作業グループからの提言 Cognition and Dementia Vol.11 No.3 19-27
新田明美 2012American Geriatrics Society Annual Scientific Meeting International Poster Session Awardを受賞して 日本老年医学会雑誌 49巻4号 496
荒井啓行 特集 長寿社会と認知症ーアルツハイマー病から脳を守るー まなびの杜 2012夏号 3-4
荒井啓行 特集 超高齢社会における人口動態と疾患構造の変化 JOHNS Vol.28 No.9 1263-1267
荒井啓行、古川勝敏 脳脊髄液タウ蛋白測定の認知症診断への適応と保険収載 医学のあゆみ Vol.243 No.3 247-248
荒井啓行 【学術部勉強会】超高齢者と認知症医療―中高年からの健康管理と認知症予防― 仙台市医師会 2012.11 NO.579 8-10