HOME > 研究業績 > 2014年- 日本語論文

2014年- 日本語論文

1.古川勝敏、鎌田真希、石木愛子、冨田尚希、荒井啓行 アルツハイマー病の新診断基準と脳画像 Pharma Medica VOL.32 NO,1 9-12

2.冲永壯治、古川勝敏、石木愛子、荒井啓行 被災地の仮設住宅における疫学調査 気仙沼市における震災と健康・生活機能調査 老年医学 52:165-170

3.荒井啓行 BPSD治療における抑肝散の位置付けーアルツハイマー病における未病―Kampo Square 211号(http://www.kampo-s.jp/magazine2/211/index.htm)

4.荒井啓行 災害に強い内科診療の提言「高齢者疾患への対応と対策」第41回内科学の展望 日本内科学会雑誌 103:598-604

5.古川勝敏、鎌田真希、石木愛子、冨田尚希、荒井啓行 認知機能検査法 臨床診断 日本臨床72:667-672

6.荒井啓行 生活機能障害としての認知症(シンポジウム2:高齢者フレイルティーの迫る)日本老年医学会雑誌 51:126-127

7.荒井啓行 [東日本大震災から学ぶ内科学]4.災害に強い内科診療の提言 3)高齢者疾患への対応と対策 日本内科学会雑誌 第103巻第3号 598-604

8.荒井啓行 第55回日本老年医学会学術集会記録<シンポジウム2:高齢者フレイルティに迫る>4.生活機能障害としての認知症 日本老年医学会雑誌 第51巻第2号 126-127

9.新田明美 シリーズ「知らないと大変?!研究する上でやってはいけないこと(禁示)」研究倫理上の「禁示」 社会薬理学 Vol.33 No.2