HOME > 研究業績 > 2015年- 日本語論文

2015年- 日本語論文

1.冲永壯治、石木愛子、冨田尚希、荒井啓行 高齢者の肺炎、DIC レジデント Vol.8 No.6 78-86

2. 冲永壯治 誤嚥性肺炎が再発した場合の次の一手を教えてください かかりつけ医のための老年病100の解決法 54-55

3.石木愛子、冨田尚希、原田龍一、岡村信行、古川勝敏、工藤幸司、荒井啓行 第33回日本認知症学会学術集会学会奨励賞 アルツハイマー病患者における[18F]THK-5117集積値と脳萎縮に関する検討 東北医学会雑誌 127巻1号 90

4.冲永壯治 在宅医療に関するエビデンス:系統的レビュー

5.荒井啓行 「わが旅」一一・四メートル下の古代飛鳥を感じる旅 日本医学会雑誌 第144巻・第8号

6.古川勝敏 認知症について気軽に相談できる環境づくりをー日本老年医学会「第19回高齢者介護・看護・医療フォーラム」− 月刊介護保険12 Vol.238 58-62

7.大原洋一郎 橋記念賞受賞記念講演―小児気管支喘息の新たな早期診断法ならびに予防法の確立に関する研究 東北医誌 127 169-173