HOME > 研究業績 > 2016年- 日本語論文

2016年- 日本語論文

1.古川勝敏、石木愛子、冨田尚希、荒井啓行 特集:認知症予防と治療の進歩「早期診断」 総合リハ・44巻 1号 21-28

2. 冲永壯治 特集:高齢者診療の現状と課題「災害時の高齢者医療」 日医雑誌 第144巻 第11号 2260

3.古川勝敏、石木愛子、冨田尚希、冲永壯治、荒井啓行 特集:認知症と類縁疾患「広域災害時の認知症医療(東日本大震災の経験)」 日本臨牀 第74巻第3号 519-522

4.荒井啓行、古川勝敏、冨田尚希、石木愛子、宮澤イザベル 認知症の自然暦ー発症前Alzheimer病の概念をめぐってー 最新醫學71巻 3月増刊号 494-501

5. 冲永壯治 仮設住宅における高齢者の健康・生活機能調査 これからの在宅医療 指針と実務 253-259

6. 冲永壯治、石木愛子、冨田尚希、荒井啓行 特集:超高齢化時代の呼吸器診療「認知症患者の呼吸器診療 The LUNG perspectives Vol.24 No.3 37-40

7. 冲永壯治、石木愛子、冨田尚希、沼崎宗夫、荒井啓行 特集:薬剤誘発性認知症 「抗アレルギー薬・呼吸器病薬によって誘発される認知症・認知障害 医薬ジャーナル Vol.52 No.11 113-115

8. 冲永壯治、石木愛子、冨田尚希、荒井啓行 特集:高齢者の呼吸器疾患:現在のトピックと未来への展望「災害時における高齢者呼吸器疾患の病態と対策」

9.荒井啓行、古川勝敏、冨田尚希、石木愛子、岡村信行、工藤幸司 特集[認知症と類縁疾患-最新の研究動向-]根治治療(療法)薬(Disease-modifying therapy)の開発状況 アルツハイマー病新薬開発の動向 日本臨牀74巻3号 411-416

10.荒井啓行、冲永壯治、冨田尚希 [認知症〜病態と治療〜]認知症高齢者への薬物治療とその留意点 医薬ジャーナル52巻3号 881-883

11.荒井啓行、古川勝敏、冨田尚希、石木愛子、宮澤イザベル [認知症]疫学 認知症の自然暦発症前Alzheimer病の概念をめぐって 最新医学71巻3月増刊 494-501

12.冨田尚希、荒井啓行 [アルツハイマー病UPDATE]臨床 MCIの概念と変遷 医学のあゆみ 257巻5号 429-435

13.荒井啓行、冨田尚希 [超高齢社会における適正薬物療法の特質〜ガイドラインの今日的役割と薬剤師の責務]認知症・周辺症状(BPSD)の薬物療法 医薬ジャーナル52巻6号 1443-1445

14. 冲永壯治、石木愛子、冨田尚希、荒井啓行 [超高齢化時代の呼吸器診療]認知症患者の呼吸器病診療 THE LUNG-perspectives 24巻3号 265-268

15.古川勝敏、石木愛子、冨田尚希、岡村信行、工藤幸司、荒井啓行 [認知症診断におけるタウイメージング研究の最先端]認知症診断における分子イメージング 東北大学におけるTau-PETを中心に Dementia Japan 30巻3号 310-316

16.荒井啓行 [病態バイオマーカーの”いま”]精神・神経疾患 アルツハイマー病 アルツハイマー病 アルツハイマー病と脳脊髄液アミロイドβタンパンク質 生体の科学 67巻5号 490-491

17.荒井啓行 緊急寄稿 報告2:平成28年熊本地震に対する日本老年医学会の活動記録 日本老年医学会雑誌 53巻3号 182-184

18.荒井啓行 認知症治療におけるPolypharmacy対策 日本医事新報 2016/12/17

19.福田智子、石木愛子、金田大太、川勝忍、小林良太、林博史、齋藤尚宏、浦上克哉、古川勝敏、内海久美子 診療スキルアップを考えるーこの症例をどう診るか 2016 老年精神医学雑誌28(増-1):7-33

20.冨田尚希、石木愛子、冲永壯治、荒井啓行、 当院の老年医療 病院全体で取り組む高齢者総合的機能評価の仕組みづくり 日本老年医学会雑誌 53巻2号 117-172

21.冨田尚希 釶高齢者における薬物療法のガイドライン 神経疾患:認知症・パーキンソン病 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 47巻11号 792-796

22.冨田尚希 フレイル症候群とサルコペニア:高齢者の健康リスク状態をとらえる 宮城県医師会報 853号 109-112