HOME > 新着情報

日本老年医学会が平成30年西日本豪雨で被害の大きかった地域の緊急支援を行ないました。

2018/07/20

緊急インタビュー◎西日本豪雨被災者への医療対応(避難所生活編)
避難所では日の高いうちは体を動かすことが肝心

西日本豪雨によりお亡くなりになられた方にお悔やみを申し上げます。被災地でも連日30℃を上回る日が続き、避難所での生活を強いられている方々の健康状態が心配されます。避難所生活も長くなっていく中、今後、どんなことに注意すべきか、日本老年医学会高齢者医療委員会高齢者災害医療小委員会の委員長を務める荒井啓行氏(東北大学加齢・老年医学科科長、教授)と、東日本大震災の際、気仙沼市で診療に当たっていた経験を持つ東北大学加齢・老年病科准教授の冲永壯治氏に聞きました。・・・


日経メディカル.pdf→