HOME > 臨床研修のご案内 > 後期臨床研修

後期臨床研修

(1) 沿革

1987年、東北大学病院に診療科としての老人科が設置され、佐々木英忠氏(仙台富沢病院顧問、日本老年医学会前理事長)が老人科教授に選任されました。2006年6月には内科病態学講座 老年病態学分野と名称が改まりました。2008年1月学内措置により東北大学加齢医学研究所の新規臨床研究分野となり、荒井啓行教授のもと現在の老年医学分野に至っています。

(2) 教育方針と教育スタッフ

  • 1つ以上の臓器別専門領域の専門医に加え日本老年医学会が指定する老年病専門医を取得する。
  • 1人1人の医師が専門性を有しながら、多領域に対応できる臓器横断的スキルを獲得する。
  • 1人1人の医師の将来設計を尊重する。
  • 妥協を恐れず、協調性の高い人材を育成する。
氏 名 役 職
荒井 啓行 教授、診療科長、内科学会認定内科医、老年医学会老年病専門医、神経学会神経内科専門医、認知症学会専門医
古川 勝敏 内科学会認定内科医、神経学会神経内科専門医、認知症学会専門医、老年医学会老年病専門医
冲永 壯治 内科学会認定内科医、老年医学会老年病専門医、呼吸器病専門医

(3) 各種教育研修コース

東北大学老年科では、初期臨床研修を終了した医師のみならず卒後すでに10−20年のキャリアーを積んだ医師や修士課程修了者で、今後老年学・老年医学をライフワークとしたい医師・研究者のために、

1)老年病専門医コース
2)大学院博士課程コース
3)他科ローテーションコースの後期研修プログラムを提供しています。


(1) 老年病専門医コース
初期臨床研修を終了した医師のみならず卒後すでに10−20年のキャリアーを積んだ医師にお勧めです。認定内科医取得後、老年医学会認定老年病専門医を取得することを目的にします。必要に応じて院外の教育研修病院での研修も可能です。学位も希望する方は専門医コース終了後、大学院博士課程コースに進学可能です。

1年目:老年科医が身につけるべき必須の基本的スキルの習得
初期臨床研修に引き続き、内科各領域の経験と知識を深める。内科学会認定内科医を習得する。
認知機能検査、基本的ADLや手段的ADL、うつ状態の評価を行ない、Comprehensive Geriatric Assessmentを施行できる。
家族の介護負担を理解できる。
介護保険主治医意見書を作成できる。
頭部MRIやSPECTなどの画像診断ができる。
頻度の高い認知症(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症など)の診断と治療を行える。
嚥下性肺炎の診断と治療を理解できる。
ベッドサイド簡易嚥下機能評価を行える。
高齢者の臨床検査値の特徴を理解できる。
エコーガイド下中心静脈確保ができる。
Mini-Nutritional Assessmentによる低栄養評価を行える。
Up&Go試験や重心動揺検査による易転倒性の評価を行える。
専門医と協力して心・血管イベントの急性期対応ができる。

2年目:多様な高齢疾患に対応できる高度な技能と見識の獲得
稀少認知性疾患(前頭側頭型変性症、進行性核上性麻痺、皮質基底核変性症、クロイツフェルトヤコブ病など)の診断ができる。
認知症対応薬としてドネぺジルのみならず、抗精神病薬、睡眠導入剤、漢方製剤などの使用に習熟する。
腰椎穿刺ができる。
せん妄の診断と治療ができる。
肺炎治療のため気管支肺胞洗浄を行える。
重症肺炎のレスピレーター管理を理解できる。
トロッカー挿入を行える。
嚥下性肺炎予防のための食事・生活指導ができる。
多様な疾患を抱える高齢者に接し、治療優先順位を勘案した適切な対応ができる。
専門医と協力して心・血管イベントの急性期対応ができる。

3年目:社会が求める・社会のために働ける優れた老年科医を育成する
高齢者のMedication Managementを理解し、高齢者の安全な薬物治療を行える。
高齢者にとって使用を控えるべき薬物のリストが理解され、自信を持ってDiscontinuation of drugを行なうことができる。
薬物有害事象による緊急対応を経験する。
多様な疾患を抱える高齢者に接し、治療優先順位を勘案した適切な対応ができる。
高齢者のADL、認知機能、摂食嚥下機能などを勘案して終末期の栄養摂取の方法を選択でき、胃婁造設の判断ができる。
専門医と協力して心・血管イベントの急性期対応ができる。

学術研究活動
内部での症例報告会で発表できる。
当番制内科症例検討会で発表できる。
老年医学会地方会で症例報告を行なう。
老年医学会学術総会へ出席する。

(2) 大学院博士課程コース
初期臨床研修期間を終了した若い医師や自然科学系修士課程修了者を対象とします。大学院4年間に担当教官の指導のもと1つの研究テーマに取り組みます。4年目には研究内容を英文論文として仕上げ、学位審査を受ける準備をします。医師であればこの間も「患者から学ぶ」姿勢を養うため、病棟主治医となります。大学院在籍中に内科学会認定内科医や総合内科専門医を取得し、さらに老年医学会認定老年病専門医や認知症専門医、呼吸器専門医、神経内科専門医などを目指します。医学博士取得後は、さらに高齢者のための総合内科医即ち老年科医としての研鑽を積み、海外留学できるよう準備します。特に、ニューロ・イメージング研究寄付研究部門(工藤幸司教授)との共同による認知症の分子イメージング研究を推進しています。

学術研究活動
内部での症例報告会で発表できる。
当番制内科症例検討会で発表できる。
老年医学会地方会で症例報告を行なう。
老年医学会学術総会へ出席する。

(3) 他科ローテーションコース
将来老年医学全般をカバーしたいが、まだ臓器別個別研修が不十分と感じ、もう少し他科の知識を得ておきたいという医師にお勧めです。ローテーションの期間は本人の希望を第一に尊重しつつ他科との相談の上決定します。

学術研究活動
内部での症例報告会で発表できる。
当番制内科症例検討会で発表できる。
老年医学会地方会で症例報告を行なう。
老年医学会学術総会へ出席する。

(4) 研修派遣病院(研修責任医師)

石巻赤十字赤病院(矢内勝)
総合南東北病院(座安清)
仙台富沢病院など(藤井昌彦)
宇都宮済世会病院(高橋秀徳)

(5) 研究プロジェクトの特色

老年科の最大の特徴は、高齢者に特化した診療科であるということです。今日多くの診療科は臓器別に区分けされた診療体制となりつつあり中で、「高齢者医療には、加齢を見据え、生活機能やQOLの評価が大切となってくる」ことを基本的コンセプトとしています。その意味で臓器別内科診療とは一線を画しています。老年科は、超高齢社会におけるアンメットニーズに対応するため、高齢期になってから急増する疾患を対象とします。
【認知症研究グループ】
高齢期になると、3D(Dementia, Depression, Delirium)はcommon diseaseとなります。特に65歳以降、認知症の有病率は5年毎に2倍となります。神経解剖・神経病理学や神経症候学をベースに認知症診断と治療の基本的スキルを習得する。アルツハイマー病の分子イメージング研究を機能薬理学分野や分子イメージング連携大学院と共同して開発する。J-ADNI研究を推進する。アルツハイマー病治療国際共同治験に参加する。
【肺炎研究グループ】
肺炎は高齢者の死因の第4位であり、直接死因としては最も多いとされています。嚥下性肺炎の一般的治療とともに、嚥下機能の感覚制御のメカニズムの解明と嚥下障害の診断と治療について学ぶ。肺炎球菌ワクチンなど予防について習得する。
【疫学調査研究グループ】
平成10年から、宮城県女川町における地域住民縦断コホート研究を行っています。高齢者の生活習慣病やうつと寝たきりや転倒との関連を解明する目的で、仙台市宮城野区鶴ケ谷地区における調査研究を公衆衛生学分野などと共同で行っています(寝たきり予防健診)。
【終末期医療研究グループ】
自力で栄養摂取を行なうことが不可能になった寝たきり高齢者の栄養摂取のあり方や長期療養に伴なう問題点を研究する。厚生労働省長寿委託研究事業から支援を受けて、老年医療における様々なレベルの情報ネットワーク構築を行ないます。

(6) 海外留学先

米国国立老化研究所 (National Institute on Aging)
ハーバード大学医学部 (Harvard Medical School)
ペンシルべニア大学 (University of Pennsylvania)
その他

(7) 連絡先

古川勝敏(准教授)
〒980−8575 仙台市青葉区星陵町4−1
東北大学加齢医学研究所 加齢・脳神経研究部門
老年医学分野
TEL: 022-717-7182 FAX: 022-717-8498
Mail: kfurukawa-ns@umin.ac.jp