本文へスキップ
ホーム ニュース About 研究内容 研究業績 アルバム Contact

記者会見の様子

ニュース

論文発表
 2012年10月 Nakayama M, Kurokawa K, Nakamura K, Lee BL, Sekimizu K, Kubagawa H, Hiramatsu K, Yagita H, Okumura K, Takai T, Underhill DM, Aderem A, Ogasawara K.  Inhibitory receptor PIR-B is exploited by Staphylococcus aureus for virulence. J Immunol in press. 
 2012年7月 Kitaura K, Fujii Y, Matsutani T, Shirai K, Suzuki S, Takasaki T, Shimada S, Kametani Y, Shiina T, Takabayashi S, Katoh H, Ogasawara K, Kurane I, Suzuki R. A new method for quantitative analysis of the T cell receptor V region repertoires in healthy common marmosets by microplate hybridization assay Journal of Immunological Methods in press 
 2012年6月  Kabashima-Kubo R, Nakamura M, Sakabe, J, Sigita K, Hino R, Mori T, Kobayashi M, Bito T, Kabashima K, Ogasawara K, Nomura Y, Nomura T, Akiyama M, Shimizu H, Tokura Y. A group of atopic dermatitis without IgE elevation or barrier impairment shows a high Th1 frequency: Possible immunological state of the intrinsic type J Dermatol Sci 2012 67: 37-43
 2012年4月 Sugita K, Kabashima K, Sawada Y, Haruyama S, Yoshioka M, Mori T, Kobayashi M, Ogasawara K, Tokura Y. Blocking of CTLA-4 on lymphocytes improves the sensitivity of lymphocyte transformation tests in a patient with nickel allergy Eur J Dermatol 2012 Mar-Apr; 22(2):268-269.
 2011年11月  Nakayama M, Takeda K, Kawano M, Takai T, Ishii N, Ogasawara K.
NK-dendritic cell interactions generate MHC class II-dressed NK cells that regulate CD4+ T cells. Proc Natl Acad Sci USA in press
 2011年10月 Matsutani T, Fujii Y, Kitaura K, Suzuki S, Tsuruta Y, Takasaki T, Ogasawara K, Nishimoto N, Kurane I, Suzuki R. Increased positive selection pressure within the complementarity determing regions of the T-cell receptor b gene in New World monkeys. American J. Primatology 73(10):1082-1092
 2011年8月 Takeda K, Nakayma M, Sakaki M, Hayakawa Y, Imawari M, Ogasawara K, Okumura K Smyth MJ. IFN-g production by lung NK cells is critical for the natural resistance to pulmonary metastasis of B16 melanoma in mice. J Leu Biol. 90(4):777-785
 2011年4月 Matsumoto K, Nishiya T, Maekawa S, Horinouchi T, Ogasawara K, Uehara T, Miwa S. The ECS(SPSB) E3 ubiquitin ligase is the master regulator of the lifetime of inducible nitric-oxide synthease. Biochem Biophys Res Commun. 409(1):46-51.
2011年1月 Nishiya T, Matsumoto K, Maekawa S, Kajita E, Horinouchi T, Fujimuro M, Ogasawara K, Uehara T, Miwa S. Reguration of inducible nitric oxide synthethase by the SPRY domain- and SOCS box-containing proteins. J. Biol. Chem. 286(11):9009-9019.
 2010年10月  Campsaur M, Beilke JN, Ogasawara K, Koszinowski UH, Jonjic S, Lanier LL. Intact NKG2D-independent function of NK cells chronically stimulated with the NKG2D ligand Rae-1. J Immunol. 185(1):157-165.
プレスリリースほか
 2012年9月 スマートエイジングカレッジの講義
NK細胞の身体の中での働きについて、および金属アレルギーの病態や注意点などを講義しました。
仙台放送「スマートエイジングカレッジ:加齢と生体防御」
   
   
  2012年6月 金属アレルギーの全国調査の結果、金属アレルギーの注意点などを解説しました。
ラジオ日本「ソレ知りたーい」(生出演)
  2012年5月  金属アレルギー全国実態調査(共同記者会見)
2010年度1年間に、接触皮膚炎で皮膚科を受診された患者を対象に、パッチテスト陽性率と、金属アレルギーの原因製品、アレルギー患者の性別、年代を調べました。
共同通信、朝日新聞、岩手日報 、他
  2011年11月 遅延型アレルギーを抑えるドレス細胞の発見(共同記者会見)
NK細胞が樹状細胞からMHC Class IIを奪い取り、アレルギーを抑制することを発見。NK細胞がまるでドレスを身にまとうような反応であることから、MHCII dressed NK細胞と名付けた。
河北新報、日経プレスリリース、47News, Yahoo Japan、マイコミジャーナル、他
   

ホーム