東北大学 加齢医学研究所 加齢制御研究部門 基礎加齢研究分野(堀内研究室)

医学系研究科協力講座、歯学研究科協力講座(口腔腫瘍制御学講座)

Department of Molecular and Cellular Biology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

東北大学TOPへ

研究室紹介ビデオ:約2分

ポスドク・大学院生募集中!

ポスドクおよび修士・博士課程大学院生を募集しています。ポスドクとしての研究室、大学院生としての進学先として、興味を持たれたら気軽に堀内までご連絡ください(hisanori.horiuchi.e8attohoku.ac.jp)。

atには@を入れてください。

大学院は、東北大学大学院医学系研究科あるいは歯学研究科所属となります。医学研究科あるいは歯学研究科の入試を受験していただきますが、医学部出身者だけでなく、すべての理系生物学系の学部出身の方は大歓迎です。詳しくは、こちらをご覧下さい。願書締めきりは毎年8月はじめですが、二次募集(1月初旬願書締めきり、1月下旬試験)もあります。また、10月入学のシステムもあります。

現在、研究が急速に発展しており、解決すべきテーマが、研究者の数よりはるかに多く、それぞれが抱えきれないほどのテーマを持っている状態です。若く情熱あふれる方の参加を期待しています。私達は新規因子の生化学的同定を得意としており、新規因子の同定によってオリジナリティの高い研究を展開しています。自分の分子を見つけることができれば、そのpriorityはまず保証されます。

私達の研究室は、分子生物学、細胞生物学の手法はもちろん用いますが、ユニークなところは、生化学に強いというところです。分子生物学の登場によって、それまで非常に盛んであった生化学が一時期鳴りを潜めた時期があり、現在、生化学的手法を得意とする研究者が減っています。しかし、その重要性は褪せることなく、一流とされる科学誌では、生化学的解析がより強く求められるようになっています。さらに、ゲノム構造が決定された今日では、生化学的に精製された蛋白質の遺伝子構造が簡単に決定できるようになっています。私達が最近報告したRalGAP(後述)のように生化学的手法でしか同定できなかった分子もあります。分子生物学は、マニュアル通りにすれば、結構できますが、生化学は、なかなかマニュアル化が難しく、‘かん’や経験の要素が強く、自分で創意工夫を凝らすところが多いのが特徴です。 現在、私達の研究室はそれほど大きなものではありません。一緒に新しい分子を獲って、ユニークな研究を展開しませんか?生化学的アプローチに慣れておられない方でも大いに歓迎です。若いうちは何でも吸収できますし、また、いろいろな手法・考え方を知っている方が将来の飛躍に繋がると考えます。

学部生募集中!たくさんの学生研究者が研究を楽しんでいます。

白川龍太郎博士(現、助教)は京都大学農学部の2年生から、東智仁博士(OB)は京都大学理学部の2年生から、自ら進んで私の研究室(当時、京大病院)にやってきて、本格的な研究を始めて、立派に成長しました。(もちろん、正規のカリキュラム以外です。)白川博士は学部学生時に、東博士は京都大学医学研究科修士課程時に、第一著者として英文論文を発表しています。このようなことから私は学部学生にも大きなポテンシャルを感じています。時間をかけて努力すれば、本格的な研究も大学1年生からでも十分に可能だと思います。みなさん、一度、挑戦してみませんか?見学や研究開始はいつでもwelcomeです。

現在、学生研究者も増えており、幾人かは自分のテーマを持って本格的に研究しています。上級生が下級生を教えるような屋根瓦式教育システムも自然発生的にできているようで、みなさん思い思いに楽しみつつがんばっています。今は医学部医学科の学生が多いですが、医学部保健学科や歯学部、他の生物系学部のかたも大歓迎です。

2015年度加齢研集談会で表彰される若山君
2015年度加齢研集談会で表彰される若山君

自主講義「寺子屋」参加者を募集中です!

2010年~2015年に、毎週月曜日19:00-21:00に自主講義「寺子屋」開催しました。医学部や理学部生物学科の学生さんが参加し、低学年用には「細胞の分子生物学」を、高学年用には「疾患のつかみ」を講義していました。2017年度(上期)のスケジュールは以下のとおりです。少しでも興味を持たれた方は当日堀内研へお越しください。アクセス・連絡先ページはこちら

 平成29年度(上期)「寺子屋」スケジュール:

  • 4/26(水)19時~:小胞輸送、小器官
  • 5/17(水)19時~:細胞周期、細胞内情報伝達
  • 5/24(水):休講
  • 5/31(水):休講
  • 6/7(水):休講
  • 6/14(水)19時~:遺伝子(2)
  • 6/21(水)19時~:免疫(1)
  • 6/28(水):休講
  • 7/19(水)19時~:免疫(2)
  • 7/26(水)19時~:動脈硬化と心筋梗塞

寺子屋の様子1 寺子屋の様子2 寺子屋の様子3