開催報告

Colloquium on Brain Fitness and Smart Aging

(2010年9月29日, University of Central Florida

 

米国AARPとの共催によるColloquium on Brain Fitness and Smart Agingが、University of Central Floridaの Rosen College of Hospitality Managementを会場に開催され、米国内外から多くの研究者が参加しました。

東北大学からは川島隆太スマート・エイジング国際共同研究センター長ほか8名が参加しました。

講演では、川島センター長をはじめとして3名の研究者がエンタテインメントが心身に与える影響を科学的に解析・評価を行った最新の研究成果を発表を行い、その後の質疑応答で参加者との活発な議論が展開されました。

 

Smart Ageing Session

1.  Purpose of the Session, Aging in Japan, Introducing SAIRC
  Hiroyuki Murata

     SAIRC, Tohoku University
2.  Entertainment and Human Brain Function
     Ryuta Kawashima

     SAIRC, Tohoku University

3.  Entertainment and Biofeedback
     Shinichiro Kanoh

     IDAC, Tohoku University

4.  Entertainment and virtual reality
     Makoto Yoshizawa

     Cyberscience Center, Tohoku University

 

                     

         村田特任教授                              川島センター長

 

                                 

                  加納先生                                 吉澤先生

 

      

会場の様子