サマースクールの概要
更新:6/30/2011

第13回目となる2011年の免疫サマースクール2011蔵王は,2年ぶりの開催となります。場所はこれまでの主な開催地であった関東・関西圏から離れ,仙台市近郊の蔵王山麓にあるホテル『ラフォーレ蔵王リゾート&スパ』で,2011年8月1日〜4日*に開催します。申し込み受け付け開始は2011年6月1日から。E-mail経由で受け付けます。

 *この時期は青森ねぶた(例年8月第1週),仙台七夕(例年8月6−8日)など東北夏祭りの会期中あるいは直前ですので交通混雑が予想され,スクール参加やスクール後の東北旅行をお考えの方は早めに旅行計画を立てられることをお勧めします。

 「3泊4日の泊まり込みで免疫学の大先輩や最先端研究者,若手ホープ達と共に免疫を学び,語り,さらに将来の免疫学を展望する」というこれまでご好評をいただいている免疫サマースクールのポリシーをしっかり受け継ぐとともに,リニューアルされる2011年のスクールでは,より一層,参加される皆様にとって価値のある新企画として

 免疫初学者向けの『イントロダクトリーコース』を新設しました。
 参加費に学割を導入しました。
 さらに,免疫サマースクールに2回目の参加が可能になる『スクールアシスタント(SA)』枠を設けました。
 また,免疫学を実際に国内外のラボに滞在して体験できる『免疫サマーインターンシップ』をオプションプログラムとして用意しました。

 詳しくは概要およびこのウェブサイトの『サマーインターンシップ2011』などをご覧ください。

pdfリーダーをお持ちでないかたはこちら→

【会期】 2011年8月1日(月)〜4日(木):フルコース(つまりイントロダクトリーコースからの)参加者は7月31日夜からの宿泊になります。

【会場・宿泊】ラフォーレ蔵王リゾート&スパ

【参加費】コース別に参加費の設定があります。スクール滞在中の傷害保険は基本的補償については免疫学会が加入します。保険内容の詳細はこちらをご覧ください。

【募集人員】 およそ90名,コース別におおまかな募集人数を設けています。

【申込開始と〆切】 2011年6月1日(水)申込開始。6月17日(金)に第一次〆切。

【講師陣】 最新情報はメニューの「講師・参加者・オーガナイザー」をご覧ください。

【オーガナイザー】 石井 健(大阪大),宇高恵子(高知大),熊ノ郷 淳(大阪大),渋谷和子(筑波大),
高井俊行(東北大:オーガナイザー代表),竹田 潔(大阪大),安友康二(徳島大),山崎 晶(九州大)

【協賛】募集中です。6月末日までにお申し出頂いた協賛企業は以下のとおりです。この場をお借りして厚くお礼申し上げます。
 
株式会社オリエンタルバイオサービス,サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社,
 株式会社シバタインテック,株式会社セイミ,仙台和光純薬株式会社,第一三共株式会社,
 大日本住友製薬株式会社,帝人ファーマ株式会社,東北化学薬品株式会社,株式会社ベネシス,
 BioLegend Japan株式会社(五十音順)

  
    
    


Copyright (C) Janapese Society for Immunology. All Rights Reserved.