プログラム 更新:7/24/2011

時間割が決まりました。一覧表はこちらからダウンロードしてご覧になれます→

7月31日(日)

13:00 遠刈田温泉方面ホテル共用送迎バス 仙台駅西口観光バスプール発(要予約:ホテルへ)
15:00 サマースクール専用貸切バス 仙台駅西口観光バスプール発(要予約:サマースクール事務局へ)
17:00−18:00 フルコース受け付け:ラフォーレ蔵王リゾート&スパ1F
(ホテルチェックインは15時から可能です)
18:00−19:00 オーガナイザー,スクールアシスタント(SA),サポートスタッフ打ち合わせ会(ラフォーレ内2F会議室No. 4)
19:00−21:00 フルコース参加者懇親会(希望者のみ:会費は当日1000円徴収,ラフォーレ内レストラン・レザンジュ・個室)

8月1日(月)

7:00− 朝食
8:00− 開会あいさつ,イントロダクトリーコース開始
(下記レクチャー内容,タイトルは暫定です。各45分,質疑を含む)
『総合テーマ:免疫学の歴史から最先端治療,最先端のトピックスまで,免疫学研究の大きな流れを掴む』
 
1.「リンパ球の生涯−どこから来てどこに行き何をするのか−」斉藤 隆 先生
 2.「2度なしとワクチン」小安重夫 先生
 3.「レギュラトリー細胞研究の歴史と最新の動向」坂口志文 先生
 4.「アレルギー研究の最前線と新しい治療」中島裕史 先生
 5.「炎症・自己免疫疾患:続々と登場する新薬」山本一彦 先生
12:25− 昼食(お弁当)
13:10−
 6.「がん免疫研究の最前線」宇高恵子 先生

11:00 サマースクール専用貸切バス 仙台駅西口観光バスプール発(要予約:サマースクール事務局へ)

13:00−14:00 レギュラーコース受け付け
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
14:15− レギュラーコース開会,事務連絡
14:30−15:20 「抗原提示細胞の機能を制御する分子基盤」改正恒康 先生
15:20− コーヒーブレーク
15:50−16:50 「AIDによる免疫記憶とゲノム不安定化」本庶 佑 先生
16:50− 休憩
17:00−18:00 「超免疫不全NOGマウス:ヒト疾患研究への橋渡し」菅村和夫 先生
18:00− ホテル入室,入浴など,ポスター貼付
19:00− ウェルカムパーティー
21:00− ポスターディスカッション ポスターグループ分けはこちらです
22:30− フリーディスカッション

8月2日(火)

7:00− 朝食
8:00− 事務連絡
8:10−8:50 「セマフォリンによる免疫制御−セマフォリンは病気の鍵分子−」熊ノ郷 淳 先生
8:50−9:30 「Notchシグナルによる免疫調節機構」安友康二 先生
9:30− コーヒーブレーク
10:00−10:50 「T細胞活性化のダイナミックな制御機構」斉藤 隆 先生
10:50− 休憩
11:00−11:50 「カルシウムによる免疫システムの負の制御」黒崎知博 先生
12:00− ランチバイキング
13:20−14:00 「樹状細胞による新しい免疫寛容誘導機構」樗木俊聡 先生
14:00−15:00 「HLAを中心に据えたヒト免疫応答制御と免疫関連疾患」笹月健彦 先生
15:00− 写真撮影(中庭)+ コーヒーブレーク
15:40−16:20 「アレルギー性炎症:喘息モデルマウスからわかったこと」中島裕史 先生
16:20−17:10 「自己免疫疾患とT細胞:ヒトとマウスの解析」山本一彦 先生
17:10− 休憩
17:20−18:10 「制御性T細胞による免疫応答制御」坂口志文 先生
18:10−19:10 「解明される血液幹細胞の発生」西川伸一 先生
19:20− 夕食
21:00− ポスターディスカッション ポスターグループ分けはこちらです
22:30− フリーディスカッション

8月3日(水)

7:00− 朝食
8:00− 蔵王山頂へのバス遠足
11:00−11:50 (自由参加セミナー)「生物学の思想と,哲学・科学」西川伸一 先生 
12:00− ランチバイキング
13:20−14:10 「感染免疫研究の魅力」小安重夫 先生
14:10−15:00 「抗炎症性サイトカインIL-10とTGFβの作用と新規免疫抑制因子の発見」吉村昭彦 先生
15:00− コーヒーブレーク
15:20−16:10 「細胞死、貪食そして新しい発展をめざして」長田重一 先生
16:10−17:10 「NKT細胞研究は何をもたらし、これからどこへ行くか」谷口 克 先生
17:30−19:30 フェアウェルパーティ(蔵王ハートランド牧場)
20:00− フリーディスカッション

8月4日(木)

7:00− 朝食,チェックアウト
9:00− 事務連絡
9:10−10:10 「免疫病:研究から臨床へ」岸本忠三 先生
10:10− コーヒーブレーク
10:30−11:30 「免疫と自然炎症の接点:創薬探索へのアプローチ」高津聖志 先生
11:30− 閉会あいさつ
12:00− バス出発(JR仙台駅 or 白石蔵王駅)


Copyright (C) Janapese Society for Immunology. All Rights Reserved.