「加齢・老年病科」を開設することとなりました。  近年の少子・高齢化という人口構成の劇的な変化の中で、高齢者が抱える医療・健康問題が顕在化している。高齢者の特徴として、1)多様性(Diversity)と多病性(Multi-morbidity):2)認知症のような加齢(長寿)を背景因子とした疾患の増加:3)使用薬剤数の増加(Polypharmacy)と薬物有害事象(Adverse drug effect)の日常化:4)疾患の慢性化と生活機能低下によるフレイル及び在宅医療・介護需要の増大などが挙げられる。加齢・老年病科はこのような高齢者の特性に配慮しながら、病気とともに歩む人生を支える医療を提供する診療科であり、臓器別診療科とは一線を画する。東北大学病院のような特定機能病院における急性期医療から在宅医療などの慢性期医療への繋ぎ目の役割を果たす情報として、高齢者の日常生活機能を多面的に評価する「高齢者総合機能評価」が役立つ。寿命の延伸により、壮年期の疾患の多くが高齢期へと持ち越され、Multi-morbidityの背景となっているが、各々の疾患は従来の臓器別診療科での対応が基本となる一方で、多病状態やそれに伴うPolypharmacyに対しては、過少医療や過大医療にならないよう特段の注意を払いながら、優先順位を考慮した包括的管理が必要となる。また疾患の診断にまでは至らないものの、「老年症候群」と呼ばれるQOL低下につながり得る高齢期特有の病態がある。老年症候群の中で特に中枢神経系に由来する認知症は、加齢性変化と病的変化が連続するスペクトラム上に位置し、認知機能検査だけでは十分に把握しきれないことが多く、形態画像検査(CTやMRI)に加え機能画像検査(SPECT, PET)や脳脊髄液検査で得られる情報の価値は高い。近年進歩が著しい機能画像検査は、認知症の補助診断として病型診断(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など)に有用である。最近では、MRI やSPECT の画像情報から患者の脳画像を標準化し、健常者集団と比較して脳萎縮や血流低下の度合いを表示する画像統計解析技術が導入され、これまで目視では難しかった前駆期アルツハイマー型認知症の診断支援ツールとして期待されている。

最新のお知らせ

2020.10.01
老年医学分野の原田龍一先生が、反応性アストロサイトを生体画像化する新規PETプローブの開発に成功しました。
2020.05.25
荒井啓行教授が令和2年5月13日放送の仙台放送の番組の中で「コロナ感染外出自粛の今こそフレイルに気を付けよう」と題してコメントしました。https://nc.ox-tv.co.jp/news/detail/3965/
2020.04.14
令和2年4月1日付けで、冲永壮治先生が東北福祉大学教授にご就任しました。
2019.12.17
令和元年6月仙台市で開催された第31回日本老年学会総会と第61回日本老年医学会学術集会の模様が血圧(Journal of Blood Pressure)に掲載されました。
2019.11.26
老年医学分野フェロー工藤幸司先生のグループが認知症と炎症の関連を解明する新規PETリガンドを見出しました。
2019.11.15
東北大学病院 加齢・老年病科院内講師の富田尚希先生がフィンランドのOulu市を視察しました。
2019.10.17
東北大学病院循環器内科との共同研究「早期アルツハイマー病の超音波治療」の進捗状況が令和元年10月17日号の週刊新潮に掲載されました。
2019.08.29
アルツハイマー病新薬開発の現況が令和元年8月29日付朝日新聞誌上に掲載されました
2019.07.09
河合塾の小冊子に東北大学と荒井啓行教授の研究の魅力が紹介されました。
2018.12.01
第8回東北 Aging Scienceフォーラムが平成30年12月1日仙台市にて開催されました
2018.11.05
元気!健康!フェアinとうほく 宮城の医療と健康 vol.6に荒井啓行先生の講演が掲載されました。
2018.08.31
アルツハイマー型認知症へ超音波治療について艮陵新聞にインタビュー記事が掲載されました。(H30.8.31)
2018.08.07
東北大学病院循環器内科と共同で、アルツハイマー病に対する超音波治療治験を開始しました。
2018.07.18
日本老年医学会が平成30年西日本豪雨で被害の大きかった地域の緊急支援を行ないました。日経メディカル 2018年7月18日
2018.03.05
認知症予防学会誌(Vol.7.2017年)に「進化するアルツハイマー病の概念と本学会の使命」と題して荒井啓行教授による巻頭言が掲載されました。
2018.02.22
原田龍一先生(機能薬理学分野所属、老年医学分野兼務)による勾坂記念賞受賞記念講演内容が東北医学雑誌に掲載されました。原田龍一先生は、平成29年度加齢医学研究所研究奨励賞も受賞しました。
2018.02.01
第36回日本認知症学会学術集会において、荒井啓行教授が教育講演を行ない、メディカルトリビューン誌に掲載されました。メディカルトリビューン誌 (H29.2.1)
2017.12.09
荒井啓行教授による記事が河北新報の【研究室探訪】に掲載されまし。河北新報 (H29.12.9)
2017.12.06
荒井啓行教授が、第36回日本認知症学会学術集会において「有効な薬剤開発を目指して認知症早期段階の定義確立進む」と題し概説したことが、日経メディカルNEWS学会トピックに掲載されました。日経メディカルNEWS(H29.12.6)
2017.12.04
東北大学病院加齢・老年病科(舘脇康子外来医長)におけるフレイル対応が河北新報に掲載されました。河北新報(H29.12.4 )
2017.10.18
荒井啓行教授が、ハート・リングフォーラム2017 In 東京において「グローバル化する認知症ー予防と共生に向けてー」と題し、他の3名の演者とともに一般市民講演を行ないました(讀賣新聞 平成29年10月18日付)
2017.08.21
with42号に加齢・老年病科が紹介されました。
2017.07.28
荒井啓行教授による記事が、7月28日付け日本経済新聞に掲載となりました。
2017.07.05
荒井啓行教授による記事が7月5日付け河北新報「気になる症状・すっきり診断」に掲載となりました。
2017.04.06
石木先生が、hessoラヂオに出演しました。
2017.01.31
受賞-The EANM Springer Prize-Best Paper 2016-(H29.1.31)
2016.11.24
冨田尚希院内講師が平成27年度治験実施優良者若手研究者特別表彰を受けました。(H28.11.24)
2016.08.10
シルバー産業新聞(H28.9.10)
2016.08.31
河北新報 (H28.8.31)
2016.06.18
リビング仙台(H28.6.18)
2016.05.05
読売新聞(H28.5.5)
2016.03.17
老年科CGAワーキンググループ(冨田先生他)がベストアイディア賞を病院長より受賞しました。(2016.3.17)
2016.02.22
老年科CGAワーキンググループ(冨田先生他)がグットプラクティス賞を病院長より受賞しました。(2016.2.22)