Home

研究紹介

研究成果

ラボメンバー

大学院

リンク

 

新着情報

2017, 4, 3 ラボメンバーを更新しました
2016, 10, 19 研究成果、ラボメンバーを更新しました
2016, 6, 3 研究成果を更新しました
2016, 4, 1 ラボメンバーを更新しました
2016, 2, 22 研究成果を更新しました
2016, 2, 17 研究成果を更新しました
2015, 10 ラボメンバー、研究成果を更新しました
2015, 9 ラボメンバー、研究成果を更新しました
2015, 7 HPリニューアルしました
2015, 7 研究成果を更新しました
2015, 4 ラボメンバーを更新しました
2014, 8 ラボメンバーを更新しました
2014, 6 松澤さんの論文がカナダの医学・生物学系情報サイトGlobal Medical Discoveryの重要科学論文(Key Scientific Articles)の1つに選ばれました。

腫瘍生物学分野ホームページにようこそ

近年、日本でもがんの患者数は増加の一途をたどっています。特に乳がんは大腸癌とならんで急激な増加を見せ、現在は女性のがん罹患の一位を占めています。

乳がんの発がんには様々な遺伝子の変異が関わっていますが、なかでもBRCA1の重要性が知られています。BRCA1に先天的に変異を持つ人は高率に乳がんおよび卵巣がんを発症することから、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群と呼ばれています。平成25年5月に米国の有名女優がこの疾患のために予防的乳房切除を受けたことを公表したことが、新聞やテレビでも大きく取り上げられました。

最近はでは、遺伝性のがんだけでなく、ホルモン受容体とHER2が共に陰性のトリプルネガティブ乳がんという難治性のサブクラスの発がんや、抗がん剤に対する耐性化などにも関与することが明らかになっています。

BRCA1は巨大で多機能なタンパク質で、細胞内のさまざまな機構に関与することが知られていますが、私達は特にDNA修復、中心体制御、細胞分裂制御におけるBRCA1の働きについて研究を行っています。

 

文部科学省科学研究費新学術領域研究、がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動のインタビューに、当研究室の千葉奈津子教授が取り上げられました。詳細はこちらをご覧ください。

 

大学院生募集

当分野では大学院生を募集しています。私たちとともにがんの生物学を研究し、新しいがん治療の開発を目指しませんか? 詳しくは「大学院」のページをご覧ください