田中耕三 研究室 Department of Molecular Oncology-メンバー

English

メンバー

教授 田中 耕三  ごあいさつLinkIcon

IMG_1491cropped.jpg
1991年 東京大学医学部医学科卒業
1997年 東京大学大学院医学系研究科内科学専攻修了
1998年 広島大学原爆放射能医学研究所助手
2002年 英国ダンディー大学生命科学科ポストドクトラル・リサーチアシスタント
2007年 東北大学加齢医学研究所准教授
2011年 東北大学加齢医学研究所分子腫瘍学研究分野教授

細胞が分裂する時に染色体が2つに分配される様子は、100年以上前から科学者を魅了し続けてきました。しかしその機構が分子レベルで明らかになってきたのはごく最近のことです。ほとんどのがん細胞では染色体数の異常が認められることから、染色体分配機構の異常はがん化と密接に関連していると考えられます。一方細胞分裂期は、多くの抗がん剤が効果を発揮する作用点にもなっています。私たちは細胞分裂期に焦点をあて、染色体分配の機構の解明とこの機構のがん化・がん治療との関係を明らかにすることを目指しています。


助教 家村 顕自

iemura.jpg略歴
2009年 長浜バイオ大学大学院 バイオサイエンス研究科 博士前期課程 修了
2012年 東京大学大学院 理学系研究科生物化学専攻 博士課程 単位取得退学
2012年 東京大学医科学研究所 癌細胞シグナル分野 特任研究員
2012年 東北大学加齢医学研究所 産学官連携研究員
2016年 東北大学加齢医学研究所分子腫瘍学研究分野助教

分裂装置オーケストラが奏でる染色体分配の旋律。
その"観客"ではなく"指揮者"になるべく田中研究室の門戸をたたく。
趣味は車(最近は見る専門)。
出身は京都。滋賀-東京-仙台と順調に日本列島北上中。

業績
Chromokinesin Kid and kinetochore kinesin CENP-E differentially support chromosome congression without end-on attachment to microtubules. Nat Commun (2015) 6, 6447.

Assessment of the centrosome amplification by quantification of
gamma-tubulin in Western blotting. Anal Biochem., (2007) 371, p256-258.

助教 池田 真教

池田.JPG略歴
2009年 東北大学大学院生命科学研究科 博士前期課程修了
2012年 東北大学大学院生命科学研究科 博士後期課程単位取得退学
    (同生命科学博士)
2012年 東北大学大学院生命科学研究科 研究支援職
2012年 東北大学加齢医学研究所分子腫瘍学研究分野 博士研究員
2016年 東北大学加齢医学研究所分子腫瘍学研究分野助教

微小管細胞骨格から成る紡錘体がダイナミックかつ、精巧に染色体分配を統治する姿に魅了され、今日に至ります。生命の恒常性を維持する上で不可欠なこの現象を分子という言葉で理解し、ストーリー性のある研究を目指して日々取組んでいます。

出身地は宮城。趣味はサッカー (プレーは20歳を境に完全に引退 。今ではもっぱら観るのが専門)。

業績
Furry protein promotes Aurora A-mediated Polo-like kinase 1 activation. J. Biol. Chem., (2012) 287, p27670-27681.


助教 國安 絹枝

Kinue.JPG
ダイナミックかつ美しい、細胞分裂の世界に魅せられ田中研究室にやってきました。
『細胞分裂とは生きること。』生命とはいったい何か。この答えに辿り着くべく、染色体分配の観点から新しい道を切り開いていきたいです。

出身は兵庫。趣味はダム見学(ダムカードも集めています)。













博士課程4年 永井 正義

永井写真.jpg
略歴
1989年 山口県下関市に生まれる。
2008年 ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地に行く為、静岡市の大学へ進学する。
2014年 大学院を修了したものの、奨学金という借金返済の為、富士市で教師として働く。
2016年〜 借金返済の目処が立ち、もう一度花の大学生活をやり直す為、仙台市に移住する。

全ての生物は細胞から成り立っており、新たな細胞を作るために細胞周期というもの存在します。酵母からヒトまで細胞周期は高度に保存されており、その精密な仕掛けによる細胞周期の回転は、まさに「題名のない演劇会」。主人公であるタンパク質たちは今まさに物語を進めるために演じ続けているのです。そして物語の中でもひと際役者の多い、大団円に向かっていく分裂期。今もまだスポットライトの当たっていない役者や伏線、裏方に光を指すために、今日も照らし続けます。

趣味 愛車の洗車
特技 うえすたんぶろってぃんぐ

博士課程2年 陳 冠

IMG_6481.JPG
略歴
2016年 (中国)山西医科大学第一臨床医学院臨床医学分野 卒業
2017年 (東京)千駄ヶ谷日本語教育研究所付属日本語学校 修了

多様な生命現象の基盤となっている細胞分裂に興味を持っており、細胞老化や発がんの分子機構を探求したいため、田中先生の研究室にやってきました。将来、自分の微力を尽くし疾病で苦しむ人たちの為に、少しでも役に立てれば幸いです。

出身地は中国の河北省。
座右の銘は物を以て喜ばず己を以て悲しまず。






博士課程2年 李 振華

名称未設定1.png
2007.09 - 2012.07
BSc. Integrated Chinese and Western Medicine, Shandong University of Traditional Chinese Medicine, China
2013.09 - 2016.07
MSc. Department of Breast Pathology, Tianjin Medical University & Cancer Institute and Hospital, China
2016.07 - 2016.11
Technician. Department of Breast Pathology, Tianjin Medical University & Cancer Institute and Hospital, China
2017.10 - Now
Research student in Tanaka’s lab funded by MEXT

Home town
Shandong Province, China
Interesting
Table tennis, cooking, and hiking

修士課程1年 工藤 由佳

修士課程1年 樋野 真帆

技術補佐 原田 葵

原田.jpg





この研究室に勤めて、今までにない経験をさせて頂いております。まだ至らないところもありますが、田中先生や研究室の皆さんのお役に立てればと思っております。






在籍者

伊藤 剛

秋田大学大学院医学系研究科分子生化学講座 助教

水野 夏紀

谷 俊幸

Mohammed Abdullahel Amin

Professor, University of Dhaka

Aysha Ferdoushi


卒業生

水口 万裕美

先輩の声LinkIcon

杉野 史朗

先輩の声LinkIcon

Manuel Campus

藤田 拡樹