東北大学 加齢医学研究所 加齢制御研究部門 基礎加齢研究分野(堀内研究室)

医学系研究科協力講座、歯学研究科協力講座(口腔腫瘍制御学講座)

Department of Molecular and Cellular Biology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

東北大学TOPへ

発表論文 ※2010年以降

  1. H. Horiuchi, T. Doman, K. Kokame, Y. Saiki, M. Matsumoto (2019) Acquired von Willebrand Syndrome Associated with Cardiovascular Diseases, Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 26, 303-314 (a review), https://doi.org/10.5551/jat.RV17031
  2. Tamura T, Horiuchi H, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Nishimura S, Amano M, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Kondo H, Izumi C and Nakagawa Y (2019) Acquired von Willebrand syndrome in patients treated with veno-arterial extracorporeal membrane oxygenation. Cardiovasc Interv Ther, doi: 10.1007/s12928-019-00568-y. [Epub ahead of print]
  3. K. Sakatsume, K. Saito, M Akiyama, K. Sasaki, S. Kawatsu, G. Takahashi, O. Adachi, S. Kawamoto, H. Horiuchi, Y. Saiki(2018) Association between severity of acquired von willebrand syndrome and gastrointestinal bleeding after continuous flow left ventricular assist device implantation. Eur J Cardio-Thorac Surg, 54(5), 841-846. https://doi.org/10.1093/ejcts/ezy172
  4. T. Horiuchi#, N. Sakata#, Y. Narumi, T. Kimura, T. Hayashi, K. Nagano, K. Liu, M. Nishibori, S. Tsukita, T. Yamada, H. Katagiri, R. Shirakawa*, H. Horiuchi* (2017) Metformin directly binds the alarmin HMGB1 and inhibits its proinflammatory activity. J Biol Chem, 292(20):8436-8446. doi: 10.1074/jbc.M116.769380. Epub 2017 Apr 3. (#; equal contribution)
    要約:糖尿病治療薬メトホルミンが、alarmin(細胞障害時に放出されて生体危機を伝える因子)として有名なHMGB1と結合し、そのサイトカイン活性を抑制するという報告である。メトホルミンには抗炎症効果があり、心筋梗塞の予防効果が示され、さらに長寿効果も期待されている薬である。抗炎症作用を直接、説明できる初めての結果である。
  5. Hori M, Yasumi T, Shimodera S, Shibata H, Hiejima E, Oda H, Izawa K, Kawai T, Ishimura M, Nakano N, Shirakawa R, Nishikomori R, Takada H, Morita S, Horiuchi H, Ohara O, Ishii E, Heike T. (2016) A CD57+ CTL Degranulation Assay Effectively Identifies Familial Hemophagocytic Lymphohistiocytosis Type 3 Patients. J Clin Immunol. 2016 Nov 28.
  6. Zhang Q, Matsui H, Horiuchi H, Liang X, Sasaki K (2016) A-Raf and C-Raf differentially regulate mechanobiological response of osteoblasts to guide mechanical stress-induced differentiation. Biochem Biophys Res Commun. pii: S0006-291X(16)30863-4. doi: 10.1016/j.bbrc.2016.05.141.
  7. N. Yaoita, K. Satoh, T. Satoh, K. Sugimura, S. Tatebe, S. Miyamichi-Yamamoto, T. Aoki, M. Miura, S. Miyata, T. Kawamura, H. Horiuchi, Y. Fukumoto, H. Shimokawa (2016) Thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor in chronic thromboembolic pulmonary hypertension Arteriosclerosis Thromb Vasc Biol, 36, 1293-1301
  8. K. Sakatsume, M. Akiyama, K. Saito, S. Kawamoto, H. Horiuchi, Y. Saiki (2016) Intractable bleeding tendency due to acquired von Willebrand syndrome after Jarvik 2000 implant (a case report). J Artificial Organs, Volume 19, Issue 3, pp 289-292 *The final publication is available at Springer via http://dx.doi.org/10.1007/s10047-016-0896-7.
    要約:補助人工心臓植込後の後天性フォンウィルブランド症候群が主因と考えられる出血制御困難例の症例報告。
  9. K. Shishikura, T. Horiuchi, N. Sakata, D-A Trinh, R. Shirakawa, T. Kimura, Y. Asada, H. Horiuchi (2016) Prostaglandin E2 inhibits neutrophil extracellular trap formation through production of cyclic AMP. Br J Pharmacol, 173, 319-331
    要約:好中球NETs形成に、炎症組織で形成されるPGE2は cAMP-PKA系を介して抑制的に働くことを明らかにした。また、NETs形成を簡易に解析できる新規in vivo解析系を構築し、in vivoでもこの系の重要性を示した。
  10. T. Handa, K. Watanabe, K. Tanizawa, T. Oga, K. Aihara, K. Ikezoe, A. Sokai, Y. Nakatsuka, T. Hirai, S. Nagai, K. Chin, H. Horiuchi, M. Mishima (2016) Platelet aggregability in patients with interstitial pneumonia, Sarcoidosis Vasc Diffuse Lung Dis, 33, 143-50
  11. R. Shirakawa, H. Horiuchi (2015) Ral GTPases: Crucial mediators of exocytosis and tumorigenesis. (a review) J Biochem (Tokyo), 157, 285-299
    要約:低分子量GTP結合蛋白質Ralの生理機能・病態に役割うに関する総説
  12. T. Tamura, H. Horiuchi, M. Imai, T. Tada, H. Shiomi, M. Kuroda, S. Nishimura, Y, Takahashi, Y. Yoshikawa, A. Tsujimura, M. Amano, Y. Hayama, S. Imamura, N. Onishi, Y. Tamaki, S. Enomoto, M. Miyake, H. Kondo, K. Kaitani, C. Izumi, T. Kimura, Y. Nakagawa (2015) Unexpectedly high prevalence of acquired von Willebrand syndrome in patients with severe aortic stenosis as evaluated with a novel large multimer index, J Atherosclerosis Thombosis, 22, 1115-1123
    要約:高度大動脈弁狭窄症31例について、フォンウィルブランド因子のマルチマー解析を行った。本研究では、ウェスタンブロット法による染色のばらつきを考慮して、コントロールである健常人と被験者それぞれの高分子マルチマーの割合の比率をフォンウィルブランド因子高分子マルチマーindexと定義して高分子マルチマーの定量化を試みた。すなわち、このindexは、健常者のフォンウィルブランド因子高分子マルチマーの量を100%としたときの患者のフォンウィルブランド因子高分子マルチマーの量を反映している。その結果、indexが80%以下となる症例を21例(67%)に認め、ヘモグロビン9.0g/dl以下の貧血を12例(39%)に認めた。Indexが低いほど後天性フォンウィルブランド病2A型の可能性が高いことを考えると、臨床上、ハイド症候群による消化管出血などが問題にならなくとも、潜在性に後天性フォンウィルブランド病2A型を合併している症例がそれなりに多いのではないかと考えられる。心臓超音波での大動脈‐左心室間最大圧格差に関しては、index低値群が高値群に比べて有意に圧格差が高く、圧格差とindexに有意な負の相関を認めた。また、貧血を合併した12例中7例に大動脈弁置換術が施行されたが、術後に消化管出血を生じた症例は無く、平均ヘモグロビン値は術前から術後にかけて7.5±1.0→12.4±1.3g/dl(p<0.0001)と有意に改善していた。
  13. K. Shishikura, T. Horiuchi, N. Sakata, D-A Trinh, R. Shirakawa, T. Kimura, Y. Asada, H. Horiuchi (2015) Prostaglandin E2 inhibits neutrophil extracellular trap formation through production of cyclic AMP. Br J Pharmacol, 173, 319-331
    要約:好中球NETs形成に、炎症組織で形成されるPGE2は cAMP-PKA系を介して抑制的に働くことを明らかにした。また、NETs形成を簡易に解析できる新規in vivo解析系を構築し、in vivoでもこの系の重要性を示した。
  14. Q. Chen, C. Quan, B. Xie, L. Chen, S. Zhou, R. Toth, DG Campbell, S. Lu, R. Shirakawa, H. Horiuchi, C. Li, Z. Yang, C. MacKintosh, H-Y Wang, S. Chen (2014) GARNL1, a major RalGAP alpha subunit in skeletal muscle, regulates insulin-stimulated RalA activation and GLUT4 trafficking via interaction with 14-3-3 proteins. Cellular Signalling 26, 1636-1648
  15. T. Kimura, R. Shirakawa, N. Yaoita, T. Hayashi, K. Nagano, H. Horiuchi (2014) The antimalarial drugs chloroquine and primaquine inhibit pyridoxal kinase, an essential enzyme for vitamin B6 production. FEBS Letter, 588:3673-3676
    要約:抗マラリア薬クロロキンやプリマキンの標的蛋白質としてピリドキサールキナーゼを同定した。
  16. N. Yaoita, R. Shirakawa, Y. Fukumoto, K. Sugimura, S. Miyata, Y. Miura, K. Nochioka, M. Miura, S. Tatebe, T. Aoki, S. Yamamoto, K. Satoh, T. Kimura, H. Shimokawa, H. Horiuchi* (2014) Platelets are highly activated in patients of chronic thromboembolic pulmonary hypertension (CTEPH) Arteriosclerosis Thromb Vasc Biol,34, 2486-2494
    要約:慢性血栓塞栓性肺高血圧症や肺動脈性高血圧症において、凝固系の活性化は認めず、血小板の血清かを美ためたことを報告した。
  17. R Saito, R Shirakawa, H Nishiyama*, T Kobayashi, M Kawato, T Kanno, K Nishizawa, Y Matsui, T Ohbayashi, M Horiguchi, T Nakamura, T Ikeda, K Yamane, E Nakayama, E Nakamura, Y Toda, T Kimura, T Kita, O Ogawa, H Horiuchi* (2013) Downregulation of Ral GTPase-activating-protein causes tumor invasion and metastasis of bladder cancer. Oncogene, 32, 894-902
    要約:膀胱組織の主要なRalGAP活性サブユニットはRalGAPα2だが、浸潤性膀胱癌細胞でRalGAPα2の発現が著しく低下し、そのため、Ralの活性が上昇していた。そして、浸潤性膀胱癌細胞へのRalGAPα2の強制発現はマウスで肺転移を抑制すること、化学膀胱発癌を誘導すると野生型では認めなかった浸潤性膀胱癌がRalGAPα2遺伝子KOマウスでは42%に生じたこと、癌組織でRalGAPα2が発現低下したヒト膀胱癌患者の生命予後は不良であることを見いだした。このようにRalGAPα2の発現低下は膀胱癌悪性化に深く関わっている。
  18. S. Zografou, D. Basagiannis, A. Papafotika, R. Shirakawa, H. Horiuchi, D. Auerbach, M. Fukuda, S. Christoforidis* (2012) Rab-genome analysis of Weibel Palade body exocytosis reveals an unexpected link between exocytic and endocytic RabGTPases. J Cell Sci, 25, 4780-4790
  19. K Boswell, D James, J Esquibel, S Bruinsma, R Shirakawa, H Horiuchi, T Martin* (2012) Munc13-4 reconstitutes Ca2+-dependent SNARE-mediated membrane fusion. J. Cell. Biol., 197, 301-312
    要約:我々が血小板顆粒放出因子として見いだしたMunc13-4 (Shirakawa et al, J Biol Chem, 2004)はCa2+/リン脂質結合ドメインであるC2ドメインをN末端とC末端に持つ。我々はT Martin博士(Wisconsin大学)との共同研究で、両方のC2ドメインが血小板等の顆粒放出に重要であること、さらに両方のC2ドメインにはカルシウムイオンが実際に結合し、SNARE分子を含有するliposomeを用いた解析によってMunc13-4はCa2+依存的にSNARE複合体形成を制御する開口放出のCa2+センサーとして機能することを明らかにし、Munc13-4が放出のカルシウムセンサーとして機能することを明らかにした。
  20. H. Horiuchi (2012) Proton pump inhibitors could be innocent in the concomitant use with clopidogrel. (an editorial comment) Circ J, 76, 2542-2543
  21. Yamane, T. Ikeda, R. Taniguchi, S. Watanabe, M. Kawato, H. Kondo, R. Shirakawa, T. Higashi, M. Toma, T. Tamura, A. Tabuchi, K. Takahashi, H.Watanabe, Y. Yoshikawa, T. Kita, T. Kimura, H. Horiuchi*, (2012) The impact of platelet reactivity on long-term clinical outcomes and bleeding complications in Japanese patients receiving antiplatelet therapy with aspirin. J Atherosclerosis Thombosis, 19, 1142-1153
  22. K. Yamane, Y. Kato, J. Tazaki, T. Tada, T. Makiyama, M. Imai, T. Jinnai, T. Ikeda, R. Shirakawa, T. Kimura, H. Horiuchi* (2011) Effects of PPIs and an H2 blocker on the antiplatelet function of clopidogrel in Japanese patients under dual antiplatelet therapy J. Atherosclerosis Thombosis, 19, 559-69
  23. J. Tazaki, T. Jinnai, T. Tada, Y. Kato, T. Makiyama, T. Ikeda, K. Yamane, Y. Naruse, K. Takahashi, H. Watanabe, T. Kimura, H. Horiuchi (2011) Prediction of clopidogrel low responders by a rapid CYP2C19 activity test. J. Atherosclerosis Thombosis, 19, 186-193
  24. Y. Murata, T. Yasumi, R. Shirakawa, K. Izawa, H. Sakai, J. Abe, N. Tanaka, T. Kawai, K. Oshima, M. Saito, R. Nishikomori, O. Ohara, E. Ishii, T. Nakahata, H. Horiuchi*, T. Heike (2011) Rapid diagnosis of familial hemophagocytic lymphohistiocytosis type 3 (FHL3) by flow cytometric detection of intraplatelet Munc13-4 protein, Blood, 118, 1225-1230
    要約:血小板顆粒放出因子として見いだしたMunc13-4が重篤な免疫疾患である家族性血球貪食症候群の原因であることが報告され、スクリーニング診断を担当してきたが、京大病院小児科とともに、輸血症例でも診断可能な方法を報告した。
  25. Y. Shirai*, S. Morioka, M. Sakuma, K. Yoshino1, C. Otsuji, N. Sakai, K. Kashiwagi, K. Chida, R. Shirakawa, H. Horiuchi, C. Nishigori, T. Ueyama and N. Saito (2011) Direct binding of RalA to PKCη and its crucial role in morphological change during keratinocytes differentiation. Mol Biol Cell, 22, 1340-1352
  26. T. Higashi, T. Ikeda, T. Murakami, R. Shirakawa, M. Kawato, K. Okawa, M. Furuse, T. Kimura, T. Kita, H. Horiuchi* (2010) Flightless-I (Fli-I) regulates the actin assembly activity of Diaphanous-related formins (DRFs), Daam1 and mDia1, in cooperation with active Rho GTPase. J Biol Chem, 285, 16231-16238
    要約:直鎖状アクチン形成因子であるフォルミン(Daam1と mDia1)結合因子としてFlightless-Iを見出し、Flightless-Iが低分子量GTP結合蛋白質Rhoと協調してフォルミンのアクチン線維形成を制御することを報告した。
  27. M. Minami*, S. Matsumoto, H. Horiuchi (2010) Cardiovascular side effects of modern cancer therapy, Circ J, 74: 1779-1786 (a review)
  28. T. Ikeda, R. Taniguchi, S. Watanabe, M. Kawato, H. Kondo, R. Shirakawa, K. Yamane, M. Toma, T. Tamura, K. Takahashi, H. Watanabe, Y. Yoshikawa, A. Tabuchi, T. Kita, T. Kimura, H. Horiuchi (2010) Characterization of the antiplatelet effect of aspirin at enrollment and after 2-year follow-up in a real clinical setting in Japan. Circ J., 74, 1227-1235

発表論文 ※2009年以前はこちら

和文総説 ※2010年以降

  1. 堀内久徳 (2019) 私が体感した「次世代」医療、The Lipid 30・巻頭言、117-118
  2. 堀内久徳 (2018) 高ずり応力が引き起こす止血異常症、臨床血液 59、2233-2237、doi: 10.11406/rinketsu.59.2233
  3. 宍倉匡祐、堀内久徳(2017)NETs形成の分子メカニズム、医学のあゆみ 260, 989-990
  4. 坂爪公、堀内久徳(2016)高ずり応力が引き起こす後天性フォンウィルブランド症候群、人工臓器 45, 225-228
  5. 堀内久徳 (2016) Significance of bleeding complications, Coronary Intervention 12 (6), 58-63
  6. 堀内久徳 (2016) 循環器異常そのものが招く出血傾向BIO Climica 31, 562-563 (特集編集「循環器疾患が引き起こすフォンウィルブランド症候群」)
  7. 堀内久徳、松本雅典、小亀浩市 (2016) 「循環器疾患随伴後天性フォンウィルブランド症候群の臨床的インパクト」血栓止血学会誌 27, 316-321
  8. 近藤博和、下村大樹、中川義久、堀内久徳(2016)血小板凝集検査と循環器疾, 循環器内科 79, 65-68
  9. 堀内久徳 (2015) 7回膜貫通型受容体, 日本血栓止血誌 26, 17-20
  10. 堀内久徳 (2015) 抗血小板薬の遺伝薬理学~ADP受容体拮抗薬の薬効に影響する遺伝子多型・日本人と欧米人の人種差~, 血液フロンティア 25, 81-89
  11. 白川龍太郎、堀内久徳 (2014) RalGAPの同定とその発現低下による膀胱がんの悪性化, 生化学 86, 671-675 (ミニレビュー)
  12. 堀内久徳、田村俊寛 (2014) 後天性フォンウィルブランド病?高ずり応力が引き起こす後天性フォンウィルブランド病, 血液フロンティア 24, 1207-1212
  13. 堀内久徳(2014)動脈血栓形成の仕組みと抗血栓療法:最近の進歩, 天理医学紀要 17, 1-14
  14. 堀内久徳 (2014) はじめに/心原性脳塞栓の発生機序①:凝固・線溶系と血小板活性化の側面から, ハートナーシング 27, 858-861(編集)
  15. 堀内久徳 (2013) 細胞質顆粒の放出機序, 臨床免疫・アレルギー科 60, 228-237
  16. 堀内久徳 (2013) 家族性血球貪食症候群のスクリーニング診断法の開発に繋がった血小板顆粒放出の分子メカニズムの研究, 天理医学紀要 16, 59-69
  17. 堀内久徳 (2013) 総論:新規経口抗凝固薬の使い分け, BIO Clinica 28, 16-17 (編集)
  18. 堀内久徳 (2013) エディトリアル, 日本血栓止血学会誌 24, 261
  19. 堀内久徳 (2013) 抗血小板薬, Medicina 50, 6, 1066-1071
  20. 堀内久徳、白川龍太郎、八角高裕 (2012) 血小板顆粒放出の分子メカニズム, 臨床血液 53, 664-671
  21. 田崎淳一、堀内久徳 (2010) チエノピリジン系薬剤のファーマコゲノミクス, 臨床検査 54, 1183-1187
  22. 多田朋弥、堀内久徳 (2010) 日本人におけるクロピドグレル抵抗性の問題点, 医学のあゆみ 233, 478-483
  23. 堀内久徳 (2010) 血小板研究に辿りつくまで, 日本血栓止血学会誌 21, 519-522
  24. 陣内俊和、堀内久徳 (2010)クロピドグレル抵抗性と新しい抗血小板薬, Annual Review 2010 血液(高久史麿、小澤敬也、坂田洋一、金倉譲、小島勢二編), 153-159, 中外医学社

学会発表など(2010年以降)

  1. 第12回リトリート大学院生研究発表会(2019.1.12、仙台)、ポスター発表、坂田菜摘「Semi-intact 細胞系を用いた細胞内栄養感知機構の解明」
  2. 第12回リトリート大学院生研究発表会(2019.1.12、仙台)、ポスター発表、後藤孝太「蛍光蛋白質融合Golginを用いたゴルジ体内膜輸送機構の解析」
  3. 26th Annual Meeting of the International Society for Mechanical Circulatory Support (ISMCS2018)(2018.10.31-11.2.Tokyo)Tsuyoshi Doman, Shingo Sugawara, Koichi Kokame, Masanori Matsumoto, Shin-ichi Fujimaki, Yoshikatsu Saiki, Hisanori Horiuchi: Is the ratios of VWF:RCo to VWF:Ag useful for the diagnosis of AVWS associated with LVAD ?
  4. 日本血液学会学術集会(2018.10.12-14、大阪)、教育講演、堀内久徳「高ずり応力が引き起こす止血異常症―後天性フォンウィルブランド症候群」
  5. 第91回日本生化学会大会(2018.9.25、京都)、ポスター発表、後藤孝太「蛍光蛋白質融合Golginを用いたゴルジ内膜輸送機構の解析」
  6. 日本血栓止血学会学術集会(2018.6.28-30、札幌)、教育講演、堀内久徳「二次性von Willebrand症候群の病態と診断・治療」
  7. The 10th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis (APSTH) (2018.6.28-30.Sapporo)Tsuyoshi Doman, 「Quantitative analysis of VWF large multimer may predict bleeding risk in patients with aortic stenosis.」
  8. 日本老年医学会(2018.6.14-16、京都)にて、シンポジウム「高齢者の抗血栓療法をいかになすべきか」において、堀内久徳「抗血栓療法の適応症例と出血ハイリスク症例について」
  9. 第66回日本輸血細胞治療学会総会(2018.5.24-26、宇都宮)、シンポジウム「循環器疾患に伴うvon Willebrand症候群」、堀内 久徳「循環器疾患に伴う後天性von Willebrand症候群とAVeC study」
  10. 日本生化学会東北支部会例会(2018.5.19、岩手)、ポスター発表、後藤孝太「蛍光蛋白質融合Golginを用いたゴルジ内膜輸送観察法の開発」
  11. Tohoku Forum on AGING SCIENCE: from molecules to society(2017.5.12、仙台)、Aging Biology (Aging-related diseases)、堀内久徳「A novel functional mechanism of Metformin with life-span extension potential」
  12. Tohoku Forum on AGING SCIENCE: from molecules to society(2017.5.10-12、仙台)、ポスター発表、坂田菜摘「Metformin directly binds the alarmin HMGB1 and inhibits its proinflammatory activity」
  13. 第81回日本循環器学会学術集会(2017.3.17-19、金沢)、AHA-JCS Joint Symposium「Current status of antiplatelet therapy」にて、Hisanori horiuchi「Is the optimal intensity of antiplatelet efficacy of ADP receptor blockers for Japanese weaker than that for Westerners?」
  14. 第81回日本循環器学会学術集会(2017. 3.17-19、金沢)、ラウンドテーブルディスカッション「高リスク症例への抗血栓療法:合併症ゼロを目指す」にて堀内久徳「A pit fall in antithrombotic therapy: acquired von Willebrand syndrome associated with cardiovascular diseases」
  15. 第11回日本血栓止血学会学術標準化委員会(SSC)シンポジウム(2017.1.21、東京野村コンファレンスプラザ日本橋)VWD/TMA部会「VWD/TMAの診断と治療の進歩」にて、堀内久徳「標準化したVWFマルチマー解析によって評価した循環器疾患AVWSの重症度と出血性合併症の関係」
  16. 第89回日本生化学会大会(2016.9.25-27、仙台、仙台国際センター)フォーラム「生体材料・人工臓器の現状と未来」(座長、小亀浩市、堀内久徳)にて、堀内久徳「人工心臓内の高ずり応力が引き起こす出血性疾患:後天性フォンウィルブランド症候群」
  17. 24th congress of the International Society for Rotary blood Pumps (ISRBP 2016) (2016. 9. 20-22, Mito Japan)にてSpecial Lecture: H. Horiuchi, Ko Sakatsume, Masatoshi Akiyama, Yoshikatsu Saiki「Acquired von Willebrand Syndrome associated with left ventricular assist devices」
  18. 第25回日本心血管インターベンション治療学会学術集会(2016.7.7-9、東京国際フォーラム)日米欧産官学共催セッション「最新テクノロジー(デバイス)の福音とリスク」にて、第4部「Prevention from bleeding」Key Lecture Hisanori Horiuchi「Significance of bleeding complication」
  19. 第44回人工心臓と補助循環懇話会(2016.3.4-5、松島 大観荘)特別講演1堀内久徳「高ずり応力が引き起こす後天性フォンウィルブランド症候群」
  20. 第79回日本循環器学会学術集会(2015年4月24-26日、大阪、大阪国際会議場他)会長特別企画「Rapid development of antithrombotic therapy: current status and future directions」にて、Hisanori Horiuchi「Antiplatelet therapy; basic aspect」
  21. 第79回日本循環器学会学術集会(2015年4月24-26日、大阪、大阪国際会議場他)会長特別企画「日本人の血栓性素因」にて、堀内久徳「Effect of single nucleotide polymorphisms and ethnic difference on the antiplatelet effects of ADP receptor antagonists」
  22. 第 9 回日本血栓止血学会学術標準化委員会(SSC)シンポジウム(2015年2月28日(野村コンファレンスプラザ日本橋)血小板部会シンポジウム「抗血小板薬の分子標的とそのリスクベネフィット」において 堀内久徳「オーバーービュー」
  23. 第 9 回日本血栓止血学会学術標準化委員会(SSC)シンポジウム(2015年2月28日(野村コンファレンスプラザ日本橋)VWD/TTP部会シンポジウム「VWD/TTP の診断と治療の進歩」において 堀内久徳「循環器疾患に合併する後天性VWDの解析」
  24. 第28回日本冠疾患学会学術集会(2014年12月12-13日、東京、ステーションコンファレンス東京)抗血栓フォーラムにて、堀内久徳「ADP受容体拮抗薬の至適抗血小板効果について?日本人と欧米人との比較?」
  25. 第62回日本心臓病学会学術集会(2014年9月26-28日、仙台)シンポジウム4「抗血小板療法と抗凝固療法を必要とする患者の管理」において、堀内久徳「抗血小板薬効果モニタリングの現状と展望」
  26. 第46回日本動脈硬化学会学術集会(2014年7月10-11日、東京、京王プラザホテル)明日へのシンポジウム1「動脈硬化関連疾患における血液凝固異常」において、堀内久徳、田村俊寛「大動脈弁狭窄症に合併する後天性フォンヴィルブランド病」
  27. 第45回日本動脈硬化学会学術集会(2013年7月18-19日、東京、京王プラザホテル)シンポジウム2「抗血栓療法の評価?モニタリングは可能か、必要か?」において、堀内久徳「抗血栓療法モニタリングの現状と問題点」
  28. 第90回日本生理学会大会(2013年3月27-29日、東京都、タワーホール船堀)シンポジウム「多彩な生理機能を持つ血小板へのアプローチ」において、堀内久徳、白川龍太郎「セミインタクトシステムによる血小板顆粒放出の分子機構解析」
  29. 第7回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム(2013年1月12日、東京都、東医健保会館、血小板部会「抗血小板薬モニター検査の現状と課題」セッションにおいて、「抗血小板薬モニター検査の役割」堀内久徳
  30. 第28回日本脳神経血管内治療学会「脳血管内治療医に必要な抗血小板療法の知識」2012.11.15-17 仙台 
  31. 第7回研究所ネットワーク国際シンポジウム(第45回加齢研シンポジウム・第2回加齢医学研究拠点シンポジウム)(東北大学加齢医学研究所、2012年6月14-15日)H. Horiuchi「Roles of Ral GTPase in bladder cancer progression」
  32. 日本栓止検出と治療学会「活性化血小板における細胞機能制御と抗血小板療法」堀内久徳、2011.11.19-20 仙台
  33. 第73回日本血液学会学術集会(2011年10月14-16日、名古屋市、名古屋国際会議場):シンポジウム「血栓止血学・血管生物学の最近の進歩」にて、堀内久徳、白川龍太郎「血小板顆粒放出の分子メカニズム」
  34. 第74回日本循環器学会総会・学術集会(2010年3月5-7日、京都市、国立京都国際会館他):フォーカスセッション「抗血小板療法のエビデンスと問題点」堀内久徳「Clinical Pharmacology of ADP Receptor Blockers」
  35. 第30回札幌国際がんシンポジウム2010(2010年6月)「メンブレントラフィックとがん」、H. Horiuchi, R. Shirakawa 「RalGAPs: negative regulators of RalGTPase controlling membrane traffic and cancer」

書籍

    2018年10月23日刊行
    中外医学社『臨床に直結する血栓止血学 改訂2版』堀内久徳、道満剛之 ※「後天性von Willebrand症候群」pp. 213-220について執筆