東北大学 加齢医学研究所 加齢制御研究部門 基礎加齢研究分野(堀内研究室)

医学系研究科協力講座、歯学研究科協力講座(口腔腫瘍制御学講座)

Department of Molecular and Cellular Biology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

東北大学TOPへ

楽しく充実した研究を推進しています。

2017年9月木村先生送別会(広浦にて) 2010年3月に私たちの東北大加齢研での研究室はスタートしました。現在、順調に発展し、毎日EXCITINGに以下のようにいろいろな研究が進んでいます。

  1. 【基礎研究】低分子量GTP結合蛋白質Ralに関する研究(特に癌との関連)
  2. 【基礎研究】細胞内エネルギー感知システムに関する研究
  3. 【基礎研究】好中球NETs形成やその過程に重要な蛋白質シトルリン化に関する研究
  4. 【臨床研究】高ずり応力を伴う循環器難病に随伴する出血性合併症予知法の開発に関する研究
  5. 【基礎研究】二型糖尿病治療薬メトホルミンの作用メカニズムに関する研究

一緒に研究する仲間(ポスドク・大学院生・学部生)を募集中です!

堀内研は、医学系研究科および歯学研究科の協力講座ですので、大学院生はどちらかの大学院(研究科)に入学していただくことになります。詳しくはこちら


新着

2019年7月23日
医学系研究科 博士課程前期2年生の後藤孝太君が研究科長の推薦と学内審査を経て令和元年度 修士研究教育院生に採用されました。
2019年7月16日
医学系研究科 博士課程1年生の坂田菜摘さんらの論文「Metformin directly binds the alarmin HMGB1 and inhibits its proinflammatory activity」と、卒業生・宍倉匡祐君の論文「Prostaglandin E2 inhibits neutrophil extracellular trap formation through production of cyclic AMP」がScopus: CiteScoreのBiochemistry, Genetics and Molecular Biology分野のTOP10%に入りました。
2019年3月12日
堀内久徳教授と医学科4年生の道満剛之君が「Acquired von Willebrand Syndrome Associated with Cardiovascular Diseases」について執筆したArticle overviewがJournal of Atherosclerosis and Thrombosisに掲載されました。詳細はこちら
2019年1月12日
第12回リトリート大学院生研究発表会にて医学系研究科 博士課程1年生の坂田菜摘さん、医学系研究科 修士課程1年生の後藤孝太君がポスター発表を行いました。詳細はこちら
2018年10月31日~11月2日
26th Annual Meeting of the International Society for Mechanical Circulatory Support (ISMCS2018)にて医学科4年生の道満剛之君がポスター発表を行いました。詳細はこちら
2018年10月23日
堀内久徳教授と医学科4年生の道満剛之君が「後天性von Willebrand症候群」について執筆した書籍「臨床に直結する血栓止血学 改訂2版」が出版されました。
2018年10月10日
堀内久徳教授が「高ずり応力が引き起こす止血異常症」について執筆した「臨床血液」59、2233-2237が公開されました。
2018年9月25日
第91回日本生化学会大会にて医学系研究科 修士課程1年生の後藤孝太君がポスター発表を行いました。詳細はこちら
2018年6月28日~30日
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis (APSTH) にて医学科4年生の道満剛之君がポスター発表を行いました。詳しくはこちら
2018年5月24日~26日
第66回日本輸血細胞治療学会総会にて堀内久徳教授が発表を行いました。詳しくはこちら
2018年5月19日
日本生化学会東北支部会例会にて医学系研究科 修士課程1年生の後藤孝太君がポスター発表を行いました。詳細はこちら
堀内研のこれまでの歩み(活動記録)はこちら