東北大学 加齢医学研究所 加齢制御研究部門 基礎加齢研究分野(堀内研究室)

医学系研究科協力講座、歯学研究科協力講座(口腔腫瘍制御学講座)

Department of Molecular and Cellular Biology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University

東北大学TOPへ

楽しく充実した研究を推進しています。

2017年9月木村先生送別会(広浦にて) 2010年3月に私たちの東北大加齢研での研究室はスタートしました。現在、順調に発展し、毎日EXCITINGに以下のようにいろいろな研究が進んでいます。

  1. 【基礎研究】低分子量GTP結合蛋白質Ralに関する研究(特に癌との関連)
  2. 【基礎研究】細胞内エネルギー感知システムに関する研究
  3. 【基礎研究】好中球NETs形成やその過程に重要な蛋白質シトルリン化に関する研究
  4. 【臨床研究】高ずり応力を伴う循環器難病に随伴する出血性合併症予知法の開発に関する研究
  5. 【基礎研究】二型糖尿病治療薬メトホルミンの作用メカニズムに関する研究

一緒に研究する仲間(ポスドク・大学院生・学部生)を募集中です!

堀内研は、医学系研究科および歯学研究科の協力講座ですので、大学院生はどちらかの大学院(研究科)に入学していただくことになります。詳しくはこちら


新着

2017年12月6日~9日
2017年度生命科学系合同大会(第90回日本生化学会大会)にて修士(MD-MC-PhDコース)課程1年生の坂田菜摘さんが口頭&ポスター発表しました。論文情報はこちら
2017年11月28日~29日
第12回研究所ネットワーク国際シンポジウムにて修士(MD-MC-PhDコース)課程1年生の坂田菜摘さんが「Identification of a novel metformin binding protein」という題でポスター発表しました。
2017年9月2日
第15回 日本心臓財団・アステラス「動脈硬化Update」研究助成において、修士(MD-MC-PhDコース)課程1年生の坂田菜摘さんが最優秀研究に選定されました!詳しくはこちら
2017年5月15日
Tohoku Forum on AGING SCIENCE: from molecules to societyにて堀内教授が口頭発表しました。詳しくはこちら
2017年4月4日
堀内嵩弘君、坂田菜摘さんの論文が、J Biol Chemに採択されました!詳しくはこちら
2017年3月27日
後天性フォンウィルブランド症候群に関して、日経メディカルオンラインに「その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか?」として紹介されました。
堀内研のこれまでの歩み(活動記録)はこちら